格安スマホ比較おすすめ情報屋

ZenFone 4 Max

最終更新日:
メーカー:ASUS
画面サイズ:5.2インチ

期間限定!ZenFone 4 Maxのキャンペーン一覧

現在開催されているのキャンペーンはありません。

ZenFone 4 Maxは台湾のメーカーであるASUSから発売されているSIMフリースマホです。

昨年発売されたZenFone 3 Maxの後継機にあたり、特徴でもあったバッテリー持ちの良さがさらに進化しています。

デュアルレンズカメラを搭載、DSDS中もmicro SDカードが使える、本体正面に指紋認証センサーを搭載するなど、バッテリー以外の部分もパワーアップしています。

今回はZenFone 4 Maxの基本スペックとメリット・デメリットについて解説します。

ZenFone 4 Maxの基本スペック

OSAndroid 7.1.1
画面サイズ5.2型ワイド(1,280×720)
CPUQualcomm Snapdragon 430 (オクタコアCPU)
メモリ3GB
ストレージ容量32GB
カメラアウト:1300万画素+500万画素

イン:800万画

通信機能Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n

Bluetooth:4.2

バッテリー4,100mAh

ZenFone 4 Maxはミドルスペックのスマホです。

Snapdragon 430はミドルスペッククラスのスマホによく搭載されているCPUで、3Dゲームなど重たいアプリには向いていませんが、SNSやLINE、ブラウジングなど普段使いであればサクサクこなせます。

メモリは3GB、ストレージは32GBでこちらも最近のミドルスペックスマホとしては標準的な容量で、よほどヘビーに使わない限りは問題ないでしょう。

特徴でもあるバッテリー容量は4,100mAhと大容量で、充電しなくても長時間稼働させられます。

このスペックで価格は25,000円前後なので、かなりコスパに優れます。

ZenFone 3 Maxと比較

ZenFone 4 Maxを、前モデルであるZenFone 3 Maxと比較してみました。

なお、ZenFone 3 Maxにはサイズや性能が違う2つのモデルがありますが、今回はスペックが高いZC553KLと比較しています。

ZenFone 4 MaxZenFone 3 Max(ZC553KL)
OSAndroid 7.1.1Android 6.0.1

(Android 7.1.1にアップデート可能)

画面サイズ5.2型ワイド(1,280×720)5.5型ワイド(1,980×1,080)
CPUQualcomm Snapdragon 430 (オクタコアCPU)Qualcomm Snapdragon 430 (オクタコアCPU)
メモリ3GB3GB
ストレージ容量32GB32GB
カメラアウト:1300万画素+500万画素

イン:800万画

アウト:1,600万画素

イン:800万画素

通信機能Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n

Bluetooth:4.2

Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n

Bluetooth:4.1

バッテリー4,100mAh4,100mAh

ZenFone 4 MaxとZenFone 3 Maxを比べると、ディスプレイサイズやBluetoothのバージョンなどで細かい違いはありますが、スペックは比較的近いです。

大きく異なるのは、アウトカメラがデュアルレンズになったことです。CPUやメモリ、バッテリー容量はそのままにカメラが強化され、より使い勝手は良くなりました。

また、スペック上のバッテリー容量は同じですが、バッテリー寿命を延ばす機能や安全対策などが強化されており、バッテリー持ちについてもZenFone 4 Maxのほうがよくなっています。

それにもかかわらず、価格はZenFone 3 Maxが27,000円前後なのに対して、ZenFone 4 Maxは25,000円ほどと安くなっています。

したがって、今後購入するならZenFone 4 Maxのほうがおすすめです。

ZenFone 4 Maxのメリット

  • 大容量かつ多機能なバッテリーを搭載
  • 急速充電対応で素早く充電できる
  • ASUS Power Masterでバッテリーの寿命が2倍に
  • より素早く給電できるようになったリバースチャージ機能
  • デュアルレンズカメラ搭載
  • DSDS中もmicro SDカードが使える
  • 本体正面に高性能な指紋認証センサーを搭載

大容量かつ多機能なバッテリーを搭載

ZenFone 4 Maxは4,100mAhの大容量バッテリーを搭載し、最大約37日間という驚異的な連続待受け時間を実現しています。

ブラウジングなら最大約21時間、音楽再生なら最大約101時間も可能なので、バッテリー持ちを気にせず使えますね。

また、ZenFone 4 Maxはバッテリー容量が多いだけでなく、バッテリーを長持ちさせる便利な機能を多数搭載しています。

急速充電対応で素早く充電できる

ZenFone 4 Maxは急速充電に対応しています。

付属のアダプターを使えば、15分の充電で約2時間の通話が可能になるので、忙しい時でも安心です。

また、バッテリーの過充電防止機能がついているので、万が一充電しすぎてもバッテリーが劣化しにくいです。

ASUS Power Masterでバッテリーの寿命が2倍に

ZenFone 4 Maxはバッテリーを賢く管理する「ASUS Power Master」という機能を搭載しています。

バッテリーを効率よく管理することで、バッテリーの寿命を約2倍伸ばすことが可能です。

1つのスマホを出来るだけ長く使いたい人には嬉しい機能ですね。

より素早く給電できるようになったリバースチャージ機能

ZenFone 4 MaxはこれまでのMaxシリーズと同様に、他のスマホやタブレットを充電できる「リバースチャージ機能」を搭載しています。

モバイルバッテリーを持ち運ぶ必要がないため楽ですね。

しかも、これまでのモデルと比べて給電速度が2倍になっており、素早く充電することが可能です。

デュアルレンズカメラ搭載

ZenFone 4 Maxのアウトカメラは1300万画素のメインカメラと500万画素のセカンドカメラで構成されるデュアルレンズカメラとなっています。

最近ではデュアルレンズカメラのスマホが増えていますが、20,000円台でデュアルレンズカメラを搭載しているのは驚きです。

セカンドカメラは120°の広角カメラになっており、広い範囲の風景写真やグループでの集合写真などが撮影しやすいです。

メインカメラとセカンドカメラはワンタッチで切り替えられるので、状況に合わせて最適なカメラを素早く選べます。

DSDS中もmicro SDカードが使える

ZenFone 4 Maxは2枚のSIMカードを同時に待受け出来るDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しています。

しかも、DSDS中でもmicro SDカードが使えるという珍しい特徴を持っています。

一般的なDSDS対応機ではSIMカードスロットが2つあり、そのうちの1つがmicroSDカードスロットと兼用になっています。そのため、2枚のSIMカードを挿入してスロットが埋まると、microSDカードが使えませんでした。

ZenFone 4 Maxは2枚のSIMカードスロットとは別にmicroSDカードスロットが別途用意されているトリプルスロット仕様になっています。

そのため、DSDSのために2枚のSIMカードを挿しつつ、microSDカードも使うことができます。

本体正面に高性能な指紋認証センサーを搭載

前モデルであるZenFone 3 Maxは本体背面に指紋認証センサーが搭載されていましたが、ZenFone 4 Maxでは本体正面、ディスプレイのすぐ下に配置されています。

正面配置になったことで机に置いたままでもロック解除ができますし、片手でも押しやすくなったので、使い勝手が良くなりました。

ZenFone 4 Maxのデメリット

  • 3Dゲームのプレイには向かない
  • ディスプレイ解像度が下がった
  • 防水・防塵やおサイフケータイには対応していない

3Dゲームのプレイには向かない

ZenFone 4 Maxはミドルスペッククラスのスマホであり、普段使いであればサクサク動作するので困ることはありません。

しかし、決してハイスペックというわけではないので、3Dゲームのような負荷の大きいアプリを利用したい人には向きません。

3Dゲームを頻繁にプレイする、という人はもう少しスペックの高いスマホを購入しましょう。

ディスプレイ解像度が下がった

ZenFone 4 Maxはディスプレイ解像度が1,280×720(HD)で、前モデルであるZenFone 3 Maxの1,980×1,080(FHD)から下がってしまいました。

画面サイズが5.5インチから5.2インチと小さくなっているので解像度が低くなってもあまり大きな差はないかもしれませんが、FHDのほうが鮮明な映像を楽しめますし、文字も読みやすいので解像度は1,980×1,080を維持してほしかったですね。

防水・防塵やおサイフケータイには対応していない

ZenFone 4 Maxは防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグといった日本人向けの機能には対応していません。

そもそも海外製SIMフリースマホでは防水やおサイフケータイといった機能が搭載されることはほぼありません。

これらの機能を使いたい場合は国内メーカー製のSIMフリースマホを使いましょう。

ZenFone 4 Maxがセット購入できるMVNO

ZenFone 4 Maxがセット購入できるMVNOとその価格は以下の通りです。

BIGLOBEモバイル:970円×24ヶ月(一括購入不可)

DMMモバイル:24,800円

IIJmio:23,800円

LINEモバイル:25,800円

NifMo:22,223円

エキサイトモバイル:24,800円

ZenFone 4 Maxの評価まとめ

今回はZenFone 4 Maxの基本スペックとメリット・デメリットを紹介しました。

ZenFone 4 Maxは前モデルまでの特徴でもあった大容量バッテリーはそのままに、デュアルレンズカメラを搭載したり、DSDS中にもmicroSDカードが使えるようになったりと、使い勝手が向上しています。

バッテリーについてはただ容量が多いだけでなく、寿命が延びるASUS Power Masterを搭載し、リバースチャージの給電速度が倍になるなど性能もアップしています。

価格も24,000円前後と安く、コスパにも優れています。バッテリー持ちの良いSIMフリースマホが欲しいなら、ZenFone 4 Maxはとくにおすすめです。