格安スマホ比較おすすめ情報屋

HTC U11 life

最終更新日:
メーカー:HTC
画面サイズ:5.2インチ

期間限定!HTC U11 lifeのキャンペーン一覧

現在開催されているのキャンペーンはありません。

HTC U11 lifeは台湾のスマホメーカー「HTC」から発売されているSIMフリースマホです。

海外製スマホながら防水・防塵とおサイフケータイに対応している珍しいモデルで、スペックも高いです。

それでいて価格は39,800円とリーズナブルなので、コスパの高い防水・防塵、おサイフケータイ対応スマホを探している人におすすめです。

今回はHTC U11 lifeの基本スペックとメリット・デメリットについて解説します。

HTC U11 lifeの基本スペック

HTC U11 lifeの基本スペックは以下の通りです。

サイズ約149mm×73mm×8.1mm
重量約142g
OSAndroid 8.0
画面サイズ約5.2インチ(1920×1080)
CPUSnapdragon 630 オクタコア

2.2 GHz (Quad) + 1.8 GHz (Quad)

メモリ4GB
ストレージ容量64GB
カメラアウト:1600万画素

イン:1600万画素

通信機能Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth:5.0

バッテリー2,600mAh
防水・防塵〇(IP67)
おサイフケータイ
ワンセグ×
DSDS×

HTC U11 lifeはミドルハイクラスのスペックを持ったスマホです。オクタコアCPUの「Snapdragon 630」は処理速度が速く、サクサクと動作します。

メモリ4GB、ストレージ64GBと容量も多く、昨年発売されたハイスペックスマホに匹敵するスペックです。

ただスペックが高いだけでなく防水・防塵とおサイフケータイという日本国内で需要の高い機能に対応しています。これだけ充実していながら、価格は39,800円と比較的リーズナブルです。

HTC U11 lifeのメリット

  • 海外製スマホながら防水・防塵とおサイフケータイに対応
  • スマホを握るだけで様々な機能が使える「エッジ・センス」を搭載
  • ハイレゾ音源対応のノイズキャンセリングイヤホンが同梱

海外製スマホながら防水・防塵とおサイフケータイに対応

HTC U11 lifeは防水・防塵とおサイフケータイに対応しています。

国内メーカー製のSIMフリースマホでは防水・防塵やおサイフケータイに対応したモデルは珍しくありません。

しかし、海外製SIMフリースマホでは防水・防塵とおサイフケータイに対応したモデルはほとんどないため貴重です。

国内メーカー製のスマホは防水やおサイフケータイに対応している代わりにスペックが低いものが多いですが、HTC U11 lifeは海外製スマホらしくスペックも高く、コスパに優れています。

おサイフケータイはスマホをかざすだけで料金を支払えるサービスです。 財布を持ち歩かなくてもコンビニやスーパーで買い物ができる便利なサービスですが、格安スマホでも使うことができ...
スマホをお風呂やキッチン、プールなどで利用する際に必須なのが「防水機能」です。 大手キャリアでは多くのスマホが防水・防塵機能に対応していますが、最近では格安スマホでも防水機能...

スマホを握るだけで様々な機能が使える「エッジ・センス」を搭載

HTC U11 lifeはスマホを握るだけで様々な機能が使える独自機能「エッジ・センス」を搭載しています。

あらかじめ登録しておいたアプリを素早く起動できるほか、アプリ内の機能も使えます。例えばGoogleマップなら握るだけズームインができますし、Instagramのカメラなら握るだけで写真撮影が可能です。

また、エッジ・センスはGoogleアシスタントとAlexaの2つの音声アシスタントに対応しています。「OK, Google」のような最初の呼びかけをしなくても、端末を握るだけで音声アシスタントを呼び出せます。

ハイレゾ音源対応のノイズキャンセリングイヤホンが同梱

HTC U11 lifeには付属品としてハイレゾ音源対応のノイズキャンセリングイヤホンが同梱しています。

別途、高価なハイレゾ音源対応イヤホンを買わなくても良いのはお得ですね。

ユーザーの耳の聞こえ方に合わせて最適な音を調整する「HTC Uソニック・ハイレゾ機能」にも対応しており、自分に合った音を楽しめます。

この価格でハイレゾに対応しているだけでもすごいですが、単にハイレゾ対応なだけでなく、ハイレゾ音源をより楽しむための工夫が数多くされています。音楽にこだわりたいという人にもおすすめですね。

HTC U11 lifeのデメリット

  • 現在購入できるのは楽天モバイルのみ
  • au系の格安SIMでの利用には向かない
  • DSDS非対応

現在購入できるのは楽天モバイルのみ

2018年4月現在、HTC U11 lifeを取り扱っているMVNOは楽天モバイルだけです。

現状、家電量販店や通販サイトでも購入できません。

SIMフリースマホなので楽天モバイルで購入後に別の格安SIMを挿して使うこともできますが、どちらにせよ楽天モバイルの契約をしないといけません。

楽天モバイルを利用したい人やすでに楽天モバイルのユーザーであるなら購入しやすいですが、ほかの格安SIMを利用したい人にとっては購入しづらいです。

au系の格安SIMでの利用には向かない

HTC U11 lifeはドコモの周波数帯にはしっかり対応しているので、ドコモ系の格安SIMであれば問題なく使えます。

また、ソフトバンク回線についても問題ありません。

しかし、auの周波数帯については対応していない周波数帯が多いため、データ通信は利用しづらいです。

また、auの3G回線であるCDMA2000およびau VoLTEには非対応なので音声通話もできません。

したがって、HTC U11 lifeはau系の格安SIMには向きません。HTC U 11 lifeを利用する場合は、ドコモ系の格安SIMを利用しましょう。

DSDS非対応

HTC U11 lifeのSIMカードスロットはNano SIMサイズのシングルスロットです。

デュアルSIMではないので2枚のSIMカードは挿せませんし、当然DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも非対応です。

2枚のSIMカードを使いたい場合はデュアルSIM仕様のスマホやDSDSに対応したスマホを購入しましょう。

まとめ

今回はHTC U11 lifeの基本スペックとメリット・デメリットを紹介しました。

HTC U11 lifeは海外製スマホでありながら防水・防塵とおサイフケータイに対応している珍しいモデルです。

海外製スマホならではのコスパの高さも健在なので、まさに国産スマホと海外製スマホの良いとこ取りをしたような1台に仕上がっています。

防水・防塵とおサイフケータイに対応したSIMフリースマホを利用したい人は検討してみてはいかがでしょうか。