格安スマホ比較おすすめ情報屋

CAT S41

最終更新日:
メーカー:キャタピラー
画面サイズ:5インチ

期間限定!CAT S41のキャンペーン一覧

現在開催されているのキャンペーンはありません。

CAT S41はアメリカの大手建設機械メーカー「キャタピラー」が開発し、オンキヨーから発売されているSIMフリースマホです。

CATシリーズはとにかく壊れにくい「タフネススマホ」として知られています。今回のCAT S41も防水・防塵や耐衝撃に対応するなど、高い耐久力を誇ります。

タフネスさを重視したスマホなので人を選びますが、水回りや工事現場などでスマホを使うという人におすすめです。

今回はCAT S41の基本スペックとメリット・デメリットについて解説します。

CAT S41の基本スペック

CAT S41のスペックは以下の通りです。

サイズ約高さ75mm×幅152mm×厚さ12.95mm
重量220g
OSAndroid 7.0
画面サイズ5インチ FHD(1920×1080)
CPUMediaTek MTK6757 オクタコアCPU(2.3 GHz)
メモリ3GB
ストレージ容量32GB
カメラアウト:1300万画素

イン:800万画素

通信機能Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n

Bluetooth:4.2

バッテリー5,000mAh
防水・防塵
おサイフケータイ×
ワンセグ×
DSDS×

CAT S41はスペック的にはミドルクラスのスマホです。

SoCの「MediaTek MTK6757」は3Dゲームなどには向きませんが、オクタコアなので普段使いであればサクサクと動作します。

メモリ3GB、ストレージ32GBというのもミドルクラスとしては普通です。

スペックだけを見ると、60,000~70,000円前後という価格は少し高すぎる気もします。

あくまでも防水・防塵と耐衝撃性を備えたタフネスさが売りであり、コスパはあまり高くありません。

CAT S40との比較

CAT S41のスペックを前モデルのS40と比較してみました。

CAT S41CAT S40
サイズ約高さ75mm×幅152mm×厚さ12.95mm約高さ74.08mm×幅144.9mm×厚さ12.45mm
重量220g185g
OSAndroid 7.0Android 5.1
画面サイズ5インチ FHD(1920×1080)4.7インチ qHD(540×960)
CPUMediaTek MTK6757 オクタコアCPU(2.3 GHz)Qualcomm MSM8909 Quad-core 1.1GHz
メモリ3GB2GB
ストレージ容量32GB16GB
カメラアウト:1300万画素

イン:800万画素

アウト:800万画素

イン:200万画素

通信機能Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n

Bluetooth:4.2

Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n

Bluetooth:4.1

バッテリー5,000mAh3,000mAh
防水・防塵
おサイフケータイ××
ワンセグ××
DSDS××

防水・防塵と耐衝撃性を備えたタフネスボディなのは共通ですが、S41はスペックが大幅に向上しています。

CPUはクアッドコアからオクタコアになり、メモリは1GB増量、ストレージも2倍です。バッテリー容量も3,000mAhから5,000mAhにアップし、さらに長持ちするようになりました。

耐久力の高さが売りですが、せっかくならサクサク快適に使えるほうが良いですよね。したがって、今後タフネススマホを購入するならS40よりもS41のほうがおすすめです。

CAT S41のメリット

  • 防水・防塵と耐衝撃を備えた堅牢なボディ
  • 5,000mAhの大容量バッテリー搭載
  • SIMカードスロットとmicroSDカードが独立しているトリプルスロット仕様
  • 任意のアプリを割り当てられる物理キーがついている

防水・防塵と耐衝撃を備えた堅牢なボディ

CAT S41最大のメリットは防水・防塵、そして耐衝撃性を備えた堅牢ボディであることです。

防水性能はIPX8相当、防塵性能はIP6X相当とともに最高クラスの性能で、水深2mに60分侵しても水没しません。キッチンなどの水回りはもちろん、アウトドアや工事現場、河川など幅広い場所で利用できます。

ディスプレイは濡れた指での使用にも対応しているので、手が濡れた状態でも快適な操作が可能です。

さらに米国国防総省のMILに準拠した高い耐衝撃性を持っており、1.8mの高さからコンクリートへ落下させる試験をクリアしています。ディスプレイにも強度の高いGorilla Glass 5を採用しており、落下による画面割れを防ぎます。

CAT S41は建築や建設、農場などあらゆる「現場」を知り尽くしたキャタピラーだからこそ実現したタフネスさを持っています。

5,000mAhの大容量バッテリー搭載

CAT S41は5,000mAhという大容量バッテリーを搭載しています。

大容量バッテリーと言えばASUSのZenFone Maxシリーズが有名ですが、それに劣らないバッテリー容量です。

大容量バッテリーにより、待ち受け可能時間44日間、連続通話時間38時間という驚異的なバッテリー持ちを実現しています。

さらに、付属のOTGケーブルを使うことで他の端末を充電する「バッテリーシェア」にも対応しています。防水対応のモバイルバッテリーとしても使えるので、もしもの時も安心です。

SIMカードスロットとmicroSDカードが独立しているトリプルスロット仕様

CAT S41は2つのSIMカードスロットとmicroSDカードが独立している「トリプルスロット仕様」になっています。

そのため、2枚のSIMカードを挿入してもmicroSDカードを利用できます。トリプルスロット仕様のスマホは種類が少ないので貴重です。

ただし、片方のSIMで4Gを利用するともう片方のSIMは2Gになるので、日本国内では実質DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)は使えません。

よく使うSIMを2枚入れて手動で切り替えながら使うことはできますが、同時に待ち受けすることはできないので気を付けましょう。

任意のアプリを割り当てられる物理キーがついている

CAT S41にはCATシリーズではお馴染みの「Programmable Key」がついています。

Programmable Keyはユーザーが設定した任意のアプリを瞬時に起動できる物理キーです。

よく使うアプリを事前に登録しておけば、物理キーをワンタップもしくは長押しするだけで起動してくれるので便利です。

CAT S41のデメリット

  • スペックの割に価格は高め
  • 重量は220gとかなり重い
  • au VoLTE非対応

スペックの割に価格は高め

CAT S41はスペックの割に価格が高いのがデメリットです。

SoCはオクタコアのMediaTek MTK6757、メモリは3GBなのでスペック的にはミドルクラスですが、価格は59,000~65,000円前後とハイスペッククラスに近い価格設定です。

耐久力の高さは唯一無二ですし、大容量バッテリーやトリプルスロット仕様など他社にはない魅力もたくさんあります。しかし、それらに魅力を感じないならCAT S41は割高です。

他のスマホにはない高い耐久力にどれだけ価値を見出せるかで評価が分かれるスマホと言えます。

重量は220gとかなり重い

CAT S41の重量は220gと、5インチのスマホとしてはかなり重たいです。

一般的に5インチのスマホは140~150gくらいであることが多いので、CAT S41は同サイズのスマホより4~5割ほど重いということになります。

これはタフネスさを重視した結果であり、頑丈だからこそこれだけ重くなっているので仕方がないかもしれません。

気になる人はあらかじめ店頭で実機を手に取り、重すぎないかどうかを確認しておくと良いでしょう。

au VoLTE非対応

CAT S41はau VoLTEには対応していません。

そのため、UQモバイルIIJmio(タイプA)といったau系の格安SIMでは利用できません。

CAT S41を利用する場合はドコモ回線の格安SIMを利用しましょう。

CAT S41がセット購入できるMVNO

2018年5月現在、CAT S41がセット購入できるMVNOはIIJmioのみで、販売価格は59,800円です。

単体購入する場合はオンキヨー公式ショップ「Digital Solutions」やAmazonなどのネット通販で購入できます。

しかし、上記の通販だと販売価格が69,000円と高いです。IIJmioで購入するほうが10,000円ほど安いので、IIJmioで購入するのがおすすめです。

まとめ

今回はCAT S41の基本スペックとメリット・デメリットを紹介しました。

最高クラスの防水性能と防塵性能、さらにMILに準拠した高い耐衝撃性を備えており、とにかく頑丈で壊れにくいです。

さらにバッテリー容量も5,000mAhとSIMフリースマホの中でもトップクラスに多く、他のスマホの充電もできるのでもしもの時も安心です。

価格は60,000円~70,000円前後とスペックの割には高いですが、唯一無二のタフネスさを持っています。工事現場や災害現場、河川などでも故障の心配をせず安心して使えるスマホを探している人におすすめです。