格安スマホ比較おすすめ情報屋

AQUOS SH-M04

最終更新日:
メーカー:SHARP
画面サイズ:5.0インチ

期間限定!AQUOS SH-M04のキャンペーン一覧

現在開催されているのキャンペーンはありません。

AQUOS SH-M04はシャープから発売されているSIMフリースマホです。

シャープ独自の機能や、防水・防塵やおサイフケータイといった国産モデルならではの機能を搭載しており、キャリアのスマホに近い使い勝手や機能を求めている人から人気です。

今回はAQUOS SH-M04の基本スペックとメリット・デメリットについて解説します。

AQUOS SH-M04の基本スペック

カラーホワイト、ネイビー、レッド※
OSAndroid 6.0
画面サイズ約5.0インチ(720×1,280)
CPUQualcomm Snapdragon 430(MSM8937)

オクタコア 1.4GHz+1.1GHz

メモリ2GB
ストレージ容量16GB
カメラアウト:1,310万画素 CMOS裏面照射型F2,2

イン:500万画素

通信機能Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n

Bluetooth:4.2

バッテリー2,700mAh

※レッドは楽天モバイル限定

AQUOS SH-M04のスペックはミドルスペックの部類に入ります。CPUはオクタコアなので、まずまずの性能です。

メモリ2GB、ストレージ容量16GBはミドルスペックのスマホとしては標準的ですが、最近ではメモリ3GB以上、ストレージ容量32GBといったスマホも登場しており、やや物足りない感じがします。

しかし、AQUOS SH-M04は防水・防塵対応やおサイフケータイが使えるといった国産ならではの特徴を持ち、電機メーカーであるシャープ独自の機能も多数搭載しており、スペック以上に使い勝手の良いスマホとなっています。

なお、AQUOS SH-M04のカラーはホワイト、ネイビー、レッドの3種類がありますが、レッドに関しては格安SIMである楽天モバイル限定のカラーとなっています。

AQUOS SH-M04のメリット

  • 美しさと省電力を兼ね備えたIGZO液晶ディスプレイ
  • シャープ独自の機能を多数搭載
  • 人口知能が情報を伝えてくれる「エモパー」
  • 手首をひねるだけでアプリが切り替えられる「ツイストマジック」
  • SNSが流し見できる「スクロールオート」
  • 国産ならではの機能が使える
  • 防水・防塵対応
  • おサイフケータイも使える
  • ジャイロセンサーを搭載

美しさと省電力を兼ね備えたIGZO液晶ディスプレイ

AQUOS SH-M04のディスプレイにはシャープが開発したIGZO液晶ディスプレイを採用しています。

IGZO液晶独自の省エネ機能「液晶アイドリングストップ」はアプリやコンテンツに応じて画面の更新頻度を自動的に切り替えることで、余分な電池の消費を抑えます。

美しいだけでなく、バッテリーを長持ちさせるための省電力性も兼ね備えています。

シャープ独自の機能を多数搭載

これまでに数多くの電化製品を生み出したシャープの製品だけあって、SH-M04は他のスマホにはない数多くの機能を搭載しています。

人口知能が情報を伝えてくれる「エモパー」

AQUOS SH-M04には人工知能「エモパー」が搭載されており、今ユーザーが必要としている情報を、タイミングよく音声で知らせてくれます。

朝起きた時には今日の天気、通信量が多い時は通信量のお知らせ、話題になったニュースなど、あらゆる情報を伝えてくれます。

他にも話しかけるだけでメモを取ってくれる「エモパーメモ」や健康的な体重維持のためにアドバイスをくれる「エモパーヘルスケア」など、便利な機能が満載です。

手首をひねるだけでアプリが切り替えられる「ツイストマジック」

ツイストマジックは本体を持ったまま手首をひねるだけでひとつ前のアプリに戻るという機能です。

通常ひとつ前のアプリに戻る際はアプリ一覧を表示し、そこからアプリを選択、というように無駄な手間がかかりました。

ツイストマジックなら、ひとつ前のアプリに素早く戻ることができ、複数のアプリの切り替えが楽になります。

SNSが流し見できる「スクロールオート」

スクロールオートはTwitterなどのSNSや、レシピサイトのような縦長のWebページを自動でスクロールできる機能です。

たくさんの情報を素早く簡単に確認することができます。

国産ならではの機能が使える

AQUOS SH-M04はシャープが開発している国産モデルのSIMフリースマホです。

そのため、国産ならではの機能が使えます。

最近ではASUSやHUAWEI、モトローラなど海外メーカーのSIMフリースマホが人気ですが、そういったメーカーでは大手キャリアでは当たり前にあった日本人向けの機能が搭載されていません。

防水・防塵対応

AQUOS SH-M04は防水(IPX5/8)と防塵(IP6X)に対応しています。

IGZO液晶ディスプレイは水濡れに強く、画面に水滴がついている状態でも快適に操作できます。

キッチンでレシピを検索・閲覧したり、お風呂で音楽を聞いたり、動画を閲覧したりと、主に水回りで使いたい人におすすめです。

おサイフケータイも使える

スマホを電子マネーやポイントカードのように使える「おサイフケータイ」にも対応しています。

利用できるサービスは楽天Edy、モバイルSuica、モバイルWAON、nanacoモバイル、iD、QUICK Payとなっています。

おサイフケータイに対応しているSIMフリースマホは数が少ないため貴重ですね。

ジャイロセンサーを搭載

スペック表には記載されていませんが、AQUOS SH-M04はジャイロセンサーを搭載しています。

ジャイロセンサーはポケモンGoのようなAR機能を使うアプリに必要ですが、3万円前後のSIMフリースマホでは搭載されていないモデルも多いです。

ミドルスペックでありながらしっかりと搭載しているのはさすがですね。

AQUOS SH-M04のデメリット

  • 国産モデルだがワンセグは非搭載
  • 単純なスペックは同価格帯の海外製スマホに劣る
  • 指紋認証が使えない

国産モデルだがワンセグは非搭載

AQUOS SH-M04は国産モデルなので、防水・防塵やおサイフケータイなど、国産モデルならではの機能をたくさん持っています。

しかし、国産モデルの特徴の1つでもあるワンセグは非搭載です。

ワンセグはいらないという人なら問題ないでしょうが、ワンセグを使いたいという場合は他の機種にする必要があります。

おサイフケータイが使えるわけですから、できればワンセグも使えるようになってほしかったですね。

単純なスペックは同価格帯の海外製スマホに劣る

AQUOS SH-M04は単体で購入する場合は29,000円前後で発売していますが、同じ価格帯の海外製スマホと比べると、単純な性能では劣ってしまいます。

例えば25,000円ほどで購入できるASUSのZenFone 3 LaserはCPUについては同じですが、メモリは4GB、ストレージ容量は32GBでどちらもSH-M04の倍です。

シャープ独自の機能に防水・防塵やおサイフケータイといった国産モデルならではの機能など、スペック面以外で優れた点も多いですが、純粋なスペックでいえば海外製スマホのほうが高スペックな製品が多いです。

指紋認証が使えない

AQUOS SH-M04は指紋センサーが搭載されていないので、指紋認証も使うことができません。

必須の機能ではないものの、指紋認証は素早くロック画面を解除できて便利ですし、最近ではミドルスペックのスマホでも当たり前のように搭載されているので、できれば搭載してほしかったですね。

AQUOS SH-M04の評価まとめ

今回はAQUOS SH-M04の基本スペックとメリット・デメリットを紹介しました。

単純にスペックだけを見ると一般的なミドルスペックスマホですが、エモパーをはじめシャープ独自の機能が多数搭載されており、使い勝手の良いスマホとなっています。

SIMフリースマホとしては数少ない防水・防塵やおサイフケータイに対応しているので、国産ならではの機能を使いたい人におすすめです。

ただし、ワンセグ機能は搭載していないのでご注意ください。