格安スマホ比較おすすめ情報屋

NifMo

最終更新日:
回線:docomo
お支払い方法:クレジットカード、@niftyでご登録のお支払い方法

プロバイダーなどで有名なniftyが格安スマホとして提供しているのが、NifMoです。

NifMoバリュープログラムという利用することで月々の料金を下げることができるお得なサービスが特徴的です。

当記事では、NifMoの月額料金メリットデメリットNifMoの口コミを紹介しています。

期間限定!NifMoのキャンペーン一覧

    ※該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。

    ※キャンペーン詳細に関しましては、都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。

    NifMoの料金プラン

    データSIM

    月額料金
    3GB900円
    7GB1600円
    13GB2800円

    データSIM+SMS

    月額料金
    3GB1050円
    7GB1750円
    13GB2950円

    音声通話SIM

    月額料金
    3GB1600円
    7GB2300円
    13GB3500円

    NifMoの料金プランは3GB、5GB、13GBとシンプルに3種類です。それぞれデータSIM、データSIM+SMS、音声通話SIMがあります。

    以前までは3GB、5GB、10GBでしたが、現在は、5GB、10GBが価格はそのままで7GB、13GBへ増量されています。

    NifMoのメリット

    • NifMo バリュープログラムで月額料金を安くできる
    • 全国の有料Wi-Fiスポットを利用できる
    • NifMo でんわ

    NifMo バリュープログラムで月額料金を安くできる

    NifMoの一番の特徴はこのNifMoバリュープログラムです。NifMoバリュープログラムというのは、指定されたアプリをダウンロードしたり、指定された通販ショップで買い物をすると毎月の月額料金が安くなるというサービスです。

    yahooショッピング、紀伊國屋書店、マツモトキヨシなど様々な通販が対象で還元率は0.9%~10%と幅は広いです。例えば、ヤフーショッピングで3000円の買い物をすると30円が月額料金から割引になります。

    アプリのダウンロードは無料でできるので空いた時間にさっさとダウンロードして月額料金を安くすることができるので人によっては月額料金を安くすることが可能です。

    ちなみに2015年3月度の割引還元額の実績は平均で1人あたり637円となっています。料金プランから毎月630円割り引きできると考えるとお得なサービスです。

    2017年2月1日からPCからもNifMo バリュープログラムを利用できるようになりさらに割引しやすくなりました。

    全国の有料Wi-Fiスポットを利用できる

    NifMoを利用している人は全国にある有料Wi-Fiスポット(BBモバイルポイント)を使用することが出来ます。

    LTEで通信しているとどうしても通信量の上限まで達してしまって通信制限がかかるということがあると思いますが、NifMoでは外出時も有料Wi-Fiスポットに接続することで通信量の節約をすることができます。

    NifMoでんわ

    格安スマホの場合は、キャリアのかけ放題などがないので、通話料が使った分だけかかってしまうのがデメリットとしてよく言われていますが、NifMo でんわという追加オプションを利用することで月額1300円で通話し放題になります。

    電話アプリで言えば、他の格安スマホでも楽天モバイルの楽天でんわやIIJmioのみおふぉんダイアルなどがありますが、NifMoでんわは通話時間を気にせずかけ放題となるので通話を頻繁にする人にオススメです。

    ただ、NifMoでんわは楽天でんわやみおふぉんダイアルとは異なり、IP電話なので、通常の通話に比べて音声が悪かったり、繋がりづらいということがあります。また電話を貰う側からは非通知として表示されることもあり仕事で使えるかと言われると微妙な所です。

    プライベートで通話をする分にはIP電話でも十分なので、仕事などで通話を多くする人は楽天でんわやみおふぉんダイアル、プライベートで多く通話をする人は、NifMoでんわがオススメです。

    まるっと割でお得に

    NifMoはプロバイダーなどでお馴染みのniftyが運営している格安スマホということもあり、@niftyの接続サービスを利用している方はNifMoの基本料金が毎月200円割引となります。

    また、@niftyの接続サービスの他にも@niftyでんきを利用している方がNifMoの基本料金が毎月250円割引、@niftyの接続サービス、@niftyでんきの両方を契約している方は毎月450円割引とかなりお得にすることが可能です。

    基本料金初月無料

    NifMoでは契約開始月の基本料金が無料となるのでお得です。

    初月無料だからと言って初月で解約した場合は基本料金が発生するので注意です。

    NifMoのデメリット

    • 5GB,10GBタイプがちょっと高い
    • NifMoバリュープログラムを使わない場合

    5GB,10GBがちょっと高い

    NifMoの料金プランは、他社と比べると高いです。

    3GBに関しては他社と変わらず、平均くらいなんですが、5GB,10GBは他のmvnoの同じプラント比べるとやや高めであまりおすすめできません。

    現在では、5GB、10GBプランが価格が同じでそれぞれ7GB、13GBへ増量されているので、お得となっています。

    NifMo バリュープログラムを使わない場合

    メリットで紹介したNifMoの特徴でもある「NifMo バリュープログラム」ですが、「アプリのダウンロードは面倒だからやらない、通販ショップで買い物はあんまりしない」って人には何のメリットもないというのが現状です。

    うまく使えばかなりお得なサービスですが、逆に全く使わない人にとってはメリットはなくなってしまいます。

    NifMoの評価まとめ

    NifMoは、バリュープログラムやNifMo でんわなど他の格安スマホにはないサービスがあるので魅力的です。

    また、まるっと割で最大月額450円割引にすることが可能なので、@niftyの接続サービス、@niftyでんきを既に契約していて格安スマホの乗り換えを検討している場合はNifMoがオススメです。

    NifMoの口コミ評判一覧

    • NifMoを選んだ理由

      NIFTYの接続会員で、会員向けのキャンペーンがあったので。

      NifMoを使ってみた口コミ・感想

      それまで大手キャリアのガラケーをずっと使っていて、スマホはこれが初めてでした。
      自宅ではwifiを使用し、データ通信が3GB/月があるので、外で動画などを長時間視聴するなどしない限りは追加料金を出すレベルにはいたりません。

      音声通話の品質も何ら問題ありません。
      大手キャリアのメルアドでないと利用できないサービスとか、留守録機能が無いという点がデメリットになると思います。

      しかしながら、大手キャリア向けサービスがないと退屈するかと言えばそうでもないですし、不便で不便で我慢できないとか、そんなことはありません。
      留守録がなくてもメールやらメッセージなどを残してもらうこともできますし、IP電話との組み合わせで無料で留守録機能を利用できる話もあるので、必要ならそれを試しみればいいと思います。

      何せ、接続会員向けの割引で基本月額が1000円満たないのでコスト抑制が大きいです。
      NIFTY接続会員であればNifMoは候補として検討すべきものでしょう。

    • NifMoを選んだ理由

      ネット広告

      NifMoを使ってみた口コミ・感想

      これまで大手キャリアのauを利用してきましたが、月々の料金が高く、格安SIMであるnifmoを利用することにしました。
      ドコモ回線のMVNO会社なので、エリアは非常に充実しています。

      データ通信専用3Gプランを利用しています。

      速度はそれなりに速いです。朝の通勤ラッシュや、帰りの帰宅ラッシュ時は通信制限があり、遅くなりますが、ネットブラウズをするには困らない程度です。
      サポートもしかかりしており、今後も利用していきたいと思います。

    NifMoに関するよくある質問

    NifMoでlineは使える?

    NifMoでlineは使用することはできます。

    NifMoで絵文字は使えるの?

    NifMoだけでなく、格安スマホではキャリアメールを使用することが出来ないので、絵文字も使用することは出来なくなります。

    NifMoでパズドラ・モンスト・白猫プロジェクトなどのゲームアプリは出来るの?

    ゲームアプリは遊ぶことが可能です。

    NifMoはクレジットカード以外で申し込めないの?

    クレジットカード以外では@niftyを利用することが可能です。

    NifMoはMNP出来る?

    可能です。

    auからNifMoに乗り換えることは出来る?

    NifMoはdocomo系のsimなのでauで使っていたスマホ端末を利用することは出来ません。スマホセットで契約することで乗り換えることは可能です。

    NifMoに違約金はある?

    NifMoでは通話SIMを契約している場合、6ヶ月以内の解約には8000円の違約金が発生します。

    端末セットで購入できるスマホ一覧

    端末名一括払い(税込)分割払い(税込)×24
    nova36001円1500円/月×24回
    nova lite20400円1701円/月×12回
    ZenFone 340800円1701円/月×24回
    P9 lite28800円1201円/月×24回
    ZenFone™ 3 Laser28800円1201/月×24回
    arrows M0338400円1601/月×24回
    ZenFone Go1980円(2周年記念キャンペーン)
    Priori 3 LTE380円(2周年記念キャンペーン)
    arrows M0214800円(2周年記念キャンペーン)

    NifMoのオプション一覧

    オプション名価格備考
    NifMo でんわ1300円/月IP電話機能を使った通話サービスです。かけ放題。
    NifMo プリント380円/月スマホ用プリントサービス。専用アプリで撮った写真を何枚でもプリント注文できます。
    NifMo あんしん保証380円/月故障・破損・水漏れなどのトラブル時に交換器を届けてくれるサービス
    NifMo 訪問レクチャー480円/月スマホの接続方法、設定などを訪問レクチャーしてくれます。
    データおかわり0.5GB900円/回500MBのデータ容量を追加できるサービス