格安スマホ比較おすすめ情報屋

LIBMO

最終更新日:
回線:docomo
お支払い方法:クレジットカード

期間限定!LIBMOのキャンペーン一覧

  • 秋得キャンペーン!音声SIM申し込みで12ヶ月間400円割引! (11/30まで)

※該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。

※キャンペーン詳細に関しましては、都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。

LIBMO(リブモ)TOKAIコミュニケーションズが提供している格安SIMです。

TOKAIコミュニケーションズは全国的にはあまり知名度がないかもしれませんが、静岡県や東海地方を中心にプロバイダ事業などを展開しています。

TOKAIグループのポイントサービスである「TLCポイント」をもらうことができたり、光回線とセットにすることで割引になったりするのが特徴です。

そのため、すでに「@T COM」など、TOKAIグループの他のサービスを利用している人におすすめです。

今回はLIBMOの料金プランやメリットについて解説します。

LIBMOの料金プラン

基本料金

容量月額料金
データ通信プラン音声通話プラン
ライトプラン※480円1,180円
3GBプラン880円1,580円
6GBプラン1,480円2,180円
10GBプラン2,280円2,980円

※最大通信速度は200kbps

SMSオプション

利用料140円/月
SMS送信料国内送信:3円~

受信:無料

LIBMOの料金プランはライトプラン、3GBプラン、6GBプラン、10GBプランの4つです。

プラン数自体は少ないですが、格安SIMとして標準的なプランを一通りそろえています。

ライトプランは最大通信速度が200kbpの代わりに通信容量が無制限に利用できるプランです。速度は遅いですが、かなり安い料金で利用できるので、メールやSNSが中心のライトユーザーにおすすめです。

3GB、6GB、10GBの高速通信が利用できるプランは格安SIMとしては比較的料金が安く設定されています。

どのプランを選んでも業界最安値クラスで、月額料金を安く抑えたい人に向いているでしょう。

LIBMOのメリット

  • TLCポイントがもらえる
  • 光回線とのセットでお得になる
  • 「かりスマ」で端末をレンタルできる
  • データシェアオプションで家族でもお得に利用できる

TLCポイントがもらえる

LIBMOを利用すると、TOKAIグループのサービスを利用することで貯まるポイント「TLCポイント」が貯まります。

LIBMOの月額料金200円につき1ポイント貯まる仕組みになっています。

また、TOKAIグループが提供するサービスを複数契約すると、契約数に応じて毎月固定のボーナスTLCポイントがもらえます。

例えばLIBMOに加えてTOKAIガスとTOKAIでんきを利用している場合は毎月150TLCポイントを貰うことができます。

貯まったポイントは多彩な商品や、WAON、LuLuCaといったポイントや電子マネーと交換したり、TOKAIグループの対象サービスの料金支払いなどに利用したりすることができます。

LIBMO単体でもお得ですが、後述するセット割も含めると、やはりTOKAIグループの他のサービスを利用している人ほど、LIBMOはお得になるようですね。

光回線とのセットでお得になる

LIBMOとTOKAIコミュニケーションズの光回線サービス(TNCヒカリやTNCケーブルひかりなど)をセットで契約すると「SIM×光 セット割」が適用され、月額料金が毎月最大300円割引されます。

割引額はLIBMOのプランによって異なり、3GBプランなら100円、6GBプランなら200円、10GBプランなら300円となっています。

光回線とセットにすると月額料金が割引になるだけでなく、支払いも光回線とLIBMOで1つにまとめることができるので便利です。

すでにTOKAIコミュニケーションズの光回線サービスを利用している人なら、ぜひ光回線とのセット割を利用したいですね。

「かりスマ」で端末をレンタルできる

LIBMOでは月々1,500円で端末をレンタルすることができます。

最低利用期間が6ヶ月と短く、それ以降は機種変更することができますし、そのまま継続することも可能です。

初めて格安SIMを使う人で試しに使ってみたい人や、色んな機種をお得に使ってみたい人におすすめです。

利用できる端末は現在ではiPhone6のみですが、順次端末が追加される予定です。

iPhone6を2年間利用する場合、購入するよりもかりスマでレンタルしたほうが半額近くで済むので非常にお得です。

データシェアオプションで家族でもお得に利用できる

LIBMOではSIMカードを最大3枚まで追加し、データ容量をシェアすることができます。

料金はデータ通信SIMで120円/月、音声通話SIMで700円/月、SMSオプション付きSIMで140円/月となっています。

家族みんなで格安SIMを利用するのはもちろん、1人で複数の端末で利用したい人にもおすすめです。

ただし、データシェアオプションはライトプランでは利用できません。また、追加する際にSIMカード1枚につき3,000円の事務手数料が発生するのでご注意ください。

LIBMOのデメリット

  • 大容量プランがない
  • 取り扱っている端末セットは少ない

大容量プランがない

LIBMOの料金プランは最大でも10GBまでで、20GBや30GBといった大容量プランは用意されていません。

一般的なユーザーであれば10GBのプランで十分ですが、外出中に動画の視聴やアプリのダウンロード、データ通信が頻繁に行われるゲームアプリなどをたくさん利用するヘビーユーザーの場合は物足りないかもしれません。

取り扱っている端末セットは少ない

LIBMOではSIMカードと端末のセットが用意されていますが、SIMフリースマホが5種類、モバイルルータ1種類の合計6種類だけです。

Zenfone3 MaxやHUAWEI P9 liteなど比較的人気のスマホを用意してはいますが、最新機種やハイスペックスマホなどは用意されていません。

使いたい端末が決まっている人は、別途自分で購入すると良いでしょう。

まとめ

今回はLIBMOの料金プランとメリット・デメリットを紹介しました。

LIBMOはあらゆるインターネット事業を手掛けるTOKAIコミュニケーションズの格安SIMで、同社の光回線とのセット割や、TOKAIグループで利用できる「TLCポイント」が貯まるなど、すでにTOKAIグループのサービスを利用している人におすすめです。

また月額料金が安く、データシェアオプションを使うことで家族でもお得に利用することができるので、スマホを安く利用したい人におすすめです。

端末セットで購入できるスマホ一覧

端末名一括払い(税込)分割払い(税込)×24
HUAWEI P10 lite27216円1134円×24回
VAIO Phone A18792円783円×24回
arrows M0434992円1458円×24回
Zenfone3 Max21384円891円×24回
Priori 415552円648円×24回
HUAWEI P9 lite27216円1134円×24回
arrows M0335640円1485円×24回
g0727216円1134円×24回