格安スマホ比較おすすめ情報屋

IIJmio

最終更新日:
回線:docomo/au
お支払い方法:クレジットカードのみ

電気通信業者であるIIJが格安SIM・スマホとして提供しているのが、IIjmio(アイアイジェイミオ)

IIJmioは格安simの中でも利用者の満足度が高いことで評判です。通話定額オプションやファミリーシェアプランなどのサービスもあり通話を多くする人や家族で格安スマホを契約したい人にオススメです。

当記事では、当記事ではIIJmioの月額料金メリットデメリットIIJmioの口コミを紹介しています。

期間限定!IIJmioのキャンペーン一覧

  • 端末補償オプション2ヶ月無料!
  • 1年間月額料金400円割引キャンペーン! (6/5まで)
  • 通話定額オプションを1ヵ月分割引キャンペーン! (6/30まで)
  • 大容量オプション提供開始 感謝キャンペーン!データ容量3GBをプレゼント! (5/31まで)
  • IJmioご愛顧感謝キャンペーン (7/31まで)
  • 通話定額オプションを1ヵ月分割引キャンペーン! (6/30まで)

IIJmioの料金プラン

データSIM

タイプD(docomo回線)

月額料金
3GB900円
6GB1520円
10GB2560円

データSIM + SMS

タイプD(docomo回線)

月額料金
3GB1040円
6GB1660円
10GB2700円

タイプA(au回線)

月額料金
3GB900円
6GB1520円
10GB2560円

音声通話SIM

タイプD(docomo回線)

月額料金
3GB1600円
6GB2220円
10GB3260円

タイプA(au回線)

月額料金
3GB1600円
6GB2220円
10GB3260円

IIJmioでは3GB、5GB、10GBのデータ容量のプランが用意されています。それぞれデータSIM、データSIM+SMS、音声通話SIMがあります。

また、IIJmioはdocomo回線、au回線のSIMを取り扱っているので、契約の際はタイプD(docomo回線)、タイプA(au回線)のどちらかを選択することになります。

docomoからIIJmioへ乗り換える場合はタイプD(docomo回線)、auからIIJmioへ乗り換える場合はタイプA(au回線)を契約することで現在使用しているスマホをそのまま使うことが可能です。

音声通話SIMでは価格に差はありませんが、タイプA(au回線)はデータSIMがなく、データSIM+SMSの料金がタイプD(docomo回線)のデータSIMの料金と同じなので、データSIMを契約したい場合はタイプA(au回線)の方がお得となります。

現在使用しているスマホを使わないでIIJmioでスマホも購入する予定の場合は購入する機種によってタイプD(docomo回線)、タイプA(au回線)に対応しているかが異なるので機種ごとに対応しているプランを選択しましょう。

IIJmioで購入できるスマホ機種を見る

IIJmioのメリット

  • 利用者が多いが安定していて満足度の高い
  • バースト転送
  • ファミリーシェアプラン
  • 取り扱い店舗が豊富
  • みおふぉんダイアルで通話料50%OFF
  • 通話定額オプション
  • mio割で600円OFF
  • エコプランでお得に

利用者が多いが安定していて満足度の高い

2015年5月に株式会社 ICT総研が発表したmvno利用者シェア数ランキングでは、IIJmioの利用者はOCNに次いで2番目に位置しています。利用者が多くなると当然回線が混雑し、12時台などは繋がりづらくなってしまいます。これはIIJmioも同じで12時台はあまり速度が出ないと言われていますが、利用者が多い割に安定していると評判が高いです。

上記に加えて、様々な格安simの速度や満足度ランキングで上位にランクインしていることからも評判の良い格安simと言えます。

バースト転送

DMMモバイルなどのバースト機能と同じですが、IIJmioにもバースト転送サービスがあります。毎月のデータ容量を使いきってしまい制限がかかっている時は低速通信となってしまいwebページを表示するのにも少し時間がかかってしまいますが、バースト転送機能があることで低速状態の時でも一定量だけ高速通信で快適にwebページなどを見ることが出来ます。

動画を見ることは出来ませんが、制限がかかってしまったらネットを見るのもイライラするということを避けることが可能です。

ファミリーシェアプラン

IIJmioの料金プランは3GB,5GB,10GBの3種類から選択することが出来ますが、10GBの場合は、最大3枚までsimカードを利用することが出来ます。10GBを選択して家族3人で格安スマホに乗り換えることでお得にスマホを運用することが出来ます。

これもDMMモバイルのシェアコースに似ていますが、IIJmioのファミリーシェアプランは10GBを3人で分けて使うことが出来る他に通話料もお得になります。ファミリーシェアプランなら家族同士の通話が20%OFFになります。

家族同士の通話割り引きサービスは他のmvnoにはない、IIJmioの特徴となっています。

取り扱い店舗が豊富

多くの格安スマホはネットで申し込んで自分で設定を行う必要があるので、よくわからないという人にとっては難しい印象があるかもしれません。

IIJmioの場合は、ネットで申し込むことも出来ますが、ビックカメラなどの家電量販店やイオンなどで取り扱っているいるのでわからないことを聞くことやMNPの即日開通にも対応しています。

みおふぉんダイアルで通話料50%OFF

みおふぉんダイアルという通話アプリを使用することで電話番号はそのままで通話料金を50%OFF(10円/30秒)にすることが出来ます。

通話料金を50%OFFにすることが出来る専用アプリを提供している格安スマホは他にもありますが、多くがIP電話と呼ばれている通常の電話回線と比べて音質がやや落ちる電話サービスです。一方でみおふぉんダイアルはIP電話ではなく通常の電話回線を使用しているので音質が落ちることがなく料金をお得に通話することが可能です。

通話定額オプション

みおふぉんダイアルは、IIJmioで音声通話SIM(みおふぉん)を契約している方であれば誰でも申込不要で使うことが出来ますが、通話を頻繁にする人向けにIIJmioでは通話定額オプション(かけ放題)も用意されています。

IIJmioの通話定額オプション(かけ放題)は、1回の通話時間が短い人向けと長い人向けの2種類あります。

1回の通話が長い人向け1回の通話が短い人向け
月額料金830円600円
国内通話5分以内の通話無料
10分以内の通話無料
3分以内の通話無料
同一契約間通話30分以内の通話無料10分以内の通話無料

2017年5月1日から「1回の通話が長い人向け」の通話定額オプション(かけ放題)の無料通話が5分から10分に拡大されました。

同一契約間通話というのは、mioIDが同じ相手との通話のことで家族などでIIJmioを契約している場合に当てはまります。

キャリアでかけ放題プランに加入している人で格安スマホへの乗り換えを検討している場合は通話定額オプションを利用することで通話料金も節約することが可能です。

mio割で600円OFF

IIJmioを運営しているIIJは格安スマホのIIJmioだけではなく、光回線インターネットサービスのIIJmioひかりも運営しておりセットで契約することで月額料金が600円引きとなります。

IIJmioひかりを契約している人で格安スマホを契約したいと思っている人はセット割によりIIJmioがお得なのでオススメです。

エコプランでお得に

エコプランはIIJmioでスマホ端末とSIMのセット契約をした方が利用できるプランです。

料金プランは、IIJmioで選ぶことが出来る3GB、6GB、10GBのデータ通信量のプランとは異なり、エコプランミニマム(3GB)、エコプランスタンダード(7GB)の2種類から選ぶことが出来ます。

エコプランミニマム(3GB)エコプランスタンダード(7GB)
データSIM+SMS900円/月1700円/月
音声通話SIM1600円/月2400円/月

エコプランの特徴は、エコプランでは余った通信量に応じて月額料金を割引出来るところです。

7GBを契約したとして毎月7GB使い切るわけでは無いと思います。その場合、通常であれば余った通信量を翌月に繰越しすることが出来ますが、エコプランでは余った通信量0.5GBにつき月額料金100円割引となります。

※エコプランで余った通信量を翌月に繰越しすることは出来ません。

月によって通信量を多く使う月とほとんど使わない月がある人はエコプランを契約することで必要最低限の料金でスマホを運用することが可能となります。

IIJmioのデメリット

  • 10GBプランの料金が少し高め

10GBプランの料金が少し高め

IIJmioの料金プランは比較的安いと言われていますが、10GBプランに関しては他の格安スマホの10GBプランと比べて高い印象を受けます。IIJmioの10GBプランの通話SIMは3260円ですが、同じ10GBプランのある楽天モバイルは2960円、DMMモバイルは2950円と約300円ほど高い値段が設定されています。

IIJmioの10GBプランはファミリーシェアプランなので最大3枚のsimで分けて使うことが出来るメリットがありますが、値段だけで見ると他社に劣っているので、10GBで月額料金が安いsimを探している人にはIIJmioの10GBはあまりおすすめできません。

IIJmioの評価・評判まとめ

IIJmioは利用者の満足度が高く評判の良い格安simで初めて格安スマホを契約するという人にも向いています。

また、ファミリーシェアプランや通話定額オプションなど家族で一緒に契約する場合にお得になるサービスがあるので家族で格安スマホへ乗り換えるというのもオススメです。

IIJmioの口コミ評判一覧

  • IIJmioを選んだ理由

    ファミリーシェアプランが魅力的

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    全く不便なく使っています。
    もっと早くかえておけば良かったと、心の底から思います。
    今はまた新しいキャンペーンが始まっていて、1ヶ月遅らせれば良かったかもとちょっと後悔しております。
    3人で5000円ほどで10ギガが分け合えます!かなりオススメです。

  • IIJmioを選んだ理由

    当時(3年位い前)格安simが少く、その中で「安さ」「安全性」を考えて選びました。。

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    通信速度や使える範囲はキャリア系と比べても全く問題はありません。
    自分の好きな端末を選べるので、端末代も安くすみます。
    キャリア系では通信できるタブレットがほとんどないのですが、新しくsimを購入するだけでプランの変更もなく使うことができるたので満足しています。

  • IIJmioを選んだ理由

    今使っている機種そのままで月の支払額を安くできたので

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    通信速度などは特に問題は感じていません。電話もラインがほとんどで普段は使わないですし、メールはGmailやYahoo!メールで充分間に合っています。あえていうなら、留守番電話機能をつけていないので、かけてきた相手で困っている人はいるかもしれません。

  • IIJmioを選んだ理由

    元々NTTドコモを利用していましたが、月々のスマホ代が10000円と高かったのでIIJmioにのりかえました。

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    IIJmioは通話simで3Gプランで税抜き1600円だったので、他の格安sim会社と比較して100円程安いので魅力的でした。利用してみて思ったことは、基本的には満足しているのですが昼間の通信速度が若干遅くなり動画を見ているとたまに止まってしまうのでそこが少し不満です。

  • IIJmioを選んだ理由

    そこそこ通信量は多いが料金を安くしたかったからです。

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    必要に応じて自分が手動で高速通信のオンオフを切り替えることができるのが便利でした。
    低速通信時は速度が制限されますが、Twitterなどは低速で十分なので高速通信量を消費しなくて済みます。
    高速通信のオンオフは、専用アプリで簡単にできました。
    また通話は短時間が多かったので通話定額オプションで料金が安くなるのも魅力です。

  • IIJmioを選んだ理由

    格安で使えるため。

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    実際使ってみて、一度はチャージが出来たものの二回目以降は同様のSIMカードにチャージ出来なかったのが少々不満でした。しかし、日本に短期的に滞在する方やそこまで必要最低限のインターネットで十分という方はiijmioを私はお勧めします。

  • IIJmioを選んだ理由

    月額料金が安くて、通信速度が安定しているからです。

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    初めは、他キャリアからの切り替えに対して不安もありましたが、実際に使ってみると、通信速度が今までと変わらなくて安心しました。その上、月額料金がこれまでの5分の1程度になり、とても満足しています。これからも使い続けたいと思います。

  • IIJmioを選んだ理由

    契約当時は今ほど選択できるMVNOが少なく、大手で安心できるMVNOとしてIIJmioを選択しました。また、キャンペーンとして契約手数料無料を行っていたことも魅力的でした。

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    3年ほど利用していますが、障害などは経験したことはありません。また、昼休みなど混雑時でも遅いと感じたことがなく、満足しています。問題点をあげるなら、会員専用ページがシンプルすぎで、使用量など照会するのに毎回戸惑っています。

  • IIJmioを選んだ理由

    通信速度が速いとネットで高評価だったから

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    約10ヶ月前ですがIIJmioを2ヶ月だけ使っていました。最低利用期間の2ヶ月で解約したのは、通信速度が遅すぎたからです。ネットの口コミでは速度が速い評価が多かったので契約しましたが、私の環境では全く速度が出ませんでした。利用料金には不満がなかったので、速度がもっと欲しかったです。

  • IIJmioを選んだ理由

    家電量販店・ビックカメラで勧められて、他社と比べてお得だと思ったので

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    以前はDoCoMoのWi-Fiを使っていたのですが、かなり節約することができ満足しています。
    また、アプリで簡単にWi-FIの入・切ができるのも便利です。
    自分はあまり動画など利用しないので、「切」設定でも充分なことが多く容量が余るのですが、余った分が次月へ繰り越せるのも助かります。

  • IIJmioを選んだ理由

    ビックカメラで勧められたから

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    料金がやすいし、スピードも遅いと感じたことはありません。容量の大きいプランだとSIMを複数もてるし、容量を分け合って使えるので家族で使うには一番安くなるし、使いやすいです。専用アプリを使って手動で高速通信と低速通信を切り替えることができ、低速信時は速度が制限されますが、高速通信容量は一切消費せずに節約することができるので節約にもなります。

  • IIJmioを選んだ理由

    スマホ代を安くしたかったから。

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    私がIIJmioを使い始めた頃の格安SIMは、高速通信が1日30MBまでなどと制限されているものが人気でしたが、私は毎日の使用量がバラバラで、月に数日特に多く使いたいと思っていました。
    そんな中見つけたのがIIJmioの高速通信が月3GBと、1日の制限ではなく一ヶ月分まとめて使えるのに魅力を感じ、これを選びました。
    実際使ってみると高速通信でもやっぱり遅いなと思うことも多かったですが、データ通信のみで1000円以下でスマホを使えるのでとても満足です。
    サービスも充実していると思います。

  • IIJmioを選んだ理由

    地方や山間部地域へ行くことが多いため,広いエリアをカバーしている事が必須でした。IIJmioはNTTドコモの高速エリア対応でかなりの範囲をカバーしています。さらに,980円/3Gと格安プランがある。データー残量がある限りは短期間にいくら使っても速度制限がない。残ったデータ量は翌月に繰り越せる。などメリットが多いので決めました。

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    使う用途によって通信速度を低速と高速に切り替えができます。そのため,テキスト中心のサイトやメールのチェックなどは低速で使用し,データー残量を節約できるので便利です。しかし,使い始めた頃はそれでもストレスを感じることはありませんでしたが,最近はラッシュ時の地下鉄などで繋がりにくいと感じることが増えてきました。

  • IIJmioを選んだ理由

    格安スマホの中でも、IIJmioフォンの口コミが良かったので、契約を決めました。

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    契約の手続きから、初期設定、実際に使用してみるまでの全てが分かりやすくスムーズに進み、何の問題もなく使い始めることができました。
    使い始めてからも、通話機能に関してや、通信機能に関しても、トラブルを一度もせず、障害を生じることなく使い続けています。

  • IIJmioを選んだ理由

    キャリアのスマートフォンは、毎月の携帯料金が8000円と高く、音声通話も殆ど利用しないことから、SIMフリータブレットとIIJmioのデータ通信SIMを契約することにしました。
    当時は、家電量販店でSIMパッケージが提供おり、契約手続きもスピーディーに行える状態にあったため、契約を行いました。

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    実際に利用した結果、データ通信専用SIMの『ミニマムスタートプラン』で1ヶ月のデータ通信量も十分です。特に自宅ではWi-Fi通信がメインであるため、3GBでも毎月余裕があります。また、SMS機能を付けたことでLINEの無料通崎能で家族間や友人間の連絡が出来るため、自宅に固定電話やIP電話があるのであれば、特に困ることはありません。

  • IIJmioを選んだ理由

    ドコモ系のMVNO会社だからです

    IIJmioを使ってみた口コミ・感想

    41歳、男性、会社員、妻子持ちです。
    IIJmioを利用しています。データ通信3Gのプランです。
    ドコモ系のMVNO会社ということでエリアは充分満足しています。
    ネットのQ&Aも豊富で、テクニカルサポートもしっかりしています。

IIJmioに関するよくある質問

IIJmioでlineは使える?

IIJmioでlineは使用することはできます。lineなどSNSは登録する際にSMS機能が必要になるので、データSIMを契約しようと思っている人はオプションでSMSを付けるようにしましょう。

データSIMで絵文字は使えるの?

IIJmioではキャリアメールは使えないので、キャリアメールでの絵文字は使用することは出来ません。gmailなどで絵文字を使うことは可能です。

IIJmioでパズドラ・モンスト・白猫プロジェクトなどのゲームアプリは出来るの?

ゲームアプリは遊ぶことが出来ます。

IIJmioはクレジットカード以外で申し込めないの?

クレジットカード以外では申し込めません。

IIJmioはMNP出来る?

可能です。

IIJmioはテザリング出来る?

基本的には可能です。

auからIIJmioに乗り換えることは出来る?

タイプAプランを契約することでauのスマホ端末で乗り換え可能です。

IIJmioに違約金はある?

データSIMの場合は利用開始日の翌月末日までで違約金はありません。通話SIMの場合は12ヶ月以内に解約する場合は違約金が(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)かかります。

端末セットで購入できるスマホ一覧

端末名一括払い(税込)分割払い(税込)×24SIMタイプ
ZenFone 3 Max21384円918円/月×24回タイプD
SH-M04-A35424円1490円/月×24回タイプD/タイプA
SH-N0127864円1188円/月×24回タイプD
SHINE LITE23544円1026円/月×24回タイプD/タイプA
IDOL437584円1620円/月×24回タイプD/タイプA
ZenFone 3 Laser30024円1296円/月×24回タイプD/タイプA
ZenFone 341904円1782円/月×24回タイプD/タイプA
arrows M0335424円1490円/月×24回タイプD/タイプA
P9 lite27864円1166円/月×24回タイプD
HUAWEI GR524624円1026円/月×24回タイプD
ZenFone Go21384円918円/月×24回タイプD/タイプA

IIJmioのオプション一覧

オプション名価格備考
つながる端末保証500円/月自然故障、破損、水没による故障時に無償で終始、優勝で交換機を提供。
日経ビジネス2500円/月雑誌「日経ビジネス」の記事をスマホ、PC、タブレットで読めるオプション。
music.jp400円/月音楽、コミック、電子書籍を楽しめるmusic.jpオプション
通話定額オプション600円/月、830円/月3分or5分以内の通話が無料となるかけ放題オプション
ウィルスバスターモバイル月額版250円/月トレンドマイクロのセキュリティソフト
i-フィルター360円/月有害サイトフィルタリングソフト、意図しない有害情報にさらされる危険をブロックしてくれます。
トビラフォン for Android300円/月迷惑電話データベースから迷惑メールを自動で判別してブロックしてくれます。
AOSBOX android pro500円/月一度設定するとスマホ内の写真や動画、連絡先を自動でバックアップを取ってくれます。
Smart-checker350円/月SNSの連携中のアプリを管理し意図しない連携を行うアプリが合った場合にワンタッチで連携解除を行えるセキュリティサービス
タブボ500円/月ビジネス誌や趣味雑誌など幅広い書籍コンテンツの読み放題サービス
留守番電話300円/月留守番電話サービス
割り込み電話着信200円/月キャッチホンサービス
転送電話無料
迷惑電話ストップサービス無料着信拒否サービス
追加クーポン200円/100MBデータ容量が足りなくなった時に追加でデータ容量を購入できます。