格安スマホ比較おすすめ情報屋

freetel sim

最終更新日:
回線:docomo
お支払い方法:クレジットカードのみ

プラスワン・マーケティング株式会社が格安スマホとして提供しているのがfreetel simです。

料金プランは他のmvnoではあまりない、変動型で299円~3170円の中で使った分だけ料金を支払う形で、端末セットで選べる端末は4種類と少なめですが、他にはないwindowsスマホも選ぶことが出来ます。

freetel sim for iphoneなどiphoneで格安スマホを使おうと思っている人にもおすすめのサービスが提供されています。

 

期間限定!freetel simのキャンペーン一覧

現在開催されているのキャンペーンはありません。

※該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。

※キャンペーン詳細に関しましては、都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。

freetel simの料金プラン

データSIM

定額プラン

月額料金
1GB499円
3GB900円
5GB1520円
8GB2140円
10GB2470円
15GB3680円
20GB4870円
30GB6980円
40GB9400円
50GB11800円

使った分だけ安心プラン

月額料金
〜100MB299円
〜1GB499円
〜3GB900円
〜5GB1520円
〜8GB2140円
〜10GB2470円
〜15GB3680円
〜20GB4870円

データSIM+SMS

定額プラン

月額料金
1GB639円
3GB1040円
5GB1660円
8GB2280円
10GB2610円
15GB3820円
20GB5010円
30GB7120円
40GB9540円
50GB11940円

使った分だけ安心プラン

月額料金
〜100MB439円
〜1GB639円
〜3GB1040円
〜5GB1660円
〜8GB2280円
〜10GB2610円
〜15GB3820円
〜20GB5010円

音声通話SIM

定額プラン

月額料金
1GB1199円
3GB1600円
5GB2220円
8GB2840円
10GB3170円
15GB4380円
20GB5570円
30GB7680円
40GB10100円
50GB12500円

使った分だけ安心プラン

月額料金
〜100MB999円
〜1GB1199円
〜3GB1600円
〜5GB2220円
〜8GB2840円
〜10GB3170円
〜15GB4380円
〜20GB5570円

freetel simは他の格安simにある定額のプランと使った分だけ料金を支払う変動型のプランが提供されています。

変動型のプランとは、8段階で100MBまでが初期段階でデータSIMが299円、データSIM+SMSが439円、通話SIMが999円と安い値段が設定されており、そこから1GB,3GB,5GB,8GB,10GB,15GB,20GBと段階を踏んで徐々に値段が上がっていく仕組みです。

10GBを超えると速度制限がかかり、200kbpsしか出なくなります。これは他の格安simと同じです。

使った分だけ払うので今月は10GB使ったけど、来月は5GBしか使わなかったという場合に使った分しか料金がかからなくて済むのが良い所です。一方で使い切れなかったデータ容量は翌月に繰り越しというサービスは変動型のプランにはありません。

freetel simのメリット・特徴!ここが他とは違う!

激安でスマホを運用することが可能

freetel simの料金プランは変動型で毎月100MB以下のデータ容量しか使わない人は通話SIMでも999円でスマホを運用することが可能です。料金が安いmvnoとしてはDMMモバイルがあげられますが、月に100MBも使わなければDMMモバイルよりも安く済ませることが出来ます。

freetel sim for iphone

freetel simではiphone、iPad用にfreetel sim for iphoneというサービスを提供しています。これはfreetel simと料金プランも同じなので大きくは変わりませんが、Appstoreでの通信量が無料になります。

Appstoreでは当然アプリをダウンロードする際に利用すると思いますが、freetel sim for iphoneを契約している人はダウンロード時はデータ容量が使ったとカウントされません。アプリのダウンロードは比較的データ容量を消費するのでそれが消費されないのはiphoneで格安スマホを運用しようと考えている人におすすめです。

 

freetel simの短所・デメリットは?

使いすぎて値段が高くなることも

freetel simのメリットでもある料金が変動型であるということですが、データ通信を多くする人にとっては逆にデメリットとなってしまいます。

freetel simはあまりデータ容量を使用しない人には安い値段が設定されいますが、使えば使うほど値段が上がっていくので動画などを見るという人はすぐに一番高い料金までいってしまいます。~10GBまでくると他のmvnoで提供している10GBプランの方が200円~300円安く済ませることが出来るので、freetel simはデータ通信を多くする人にはあまり向いていません。

 

freetel simの評価まとめ!

freetel simは他のmvnoとは少し違い変動型の料金プランなので、お得になる人もいるし、損する人もいるといったmvnoです。特にデータ通信をほとんどしない人は通話SIMでも最大999円でスマホを利用することが出来るのでお得です。

反対にデータ通信をかなりするというヘビーユーザーの人は一番高い料金までいってしまう可能性が高いのでDMMモバイルなどの料金が安いmvnoの方がおすすめです。

freetel simに関するよくある質問

freetel simでlineは使える?

freetel simでlineは使用することはできます。

freetel simで絵文字は使えるの?

freetel simだけでなく、格安スマホではキャリアメールを使用することが出来ないので、絵文字も使用することは出来なくなります。

freetel simでパズドラ・モンスト・白猫プロジェクトなどのゲームアプリは出来るの?

ゲームアプリは遊ぶことが可能です。注意点としてはfreetel simで購入できるkatana01はwindowsスマホなので、パズドラやモンスト、白猫プロジェクトなどのゲームアプリは使用することが出来ません。

freetel simはクレジットカード以外で申し込めないの?

クレジットカード以外では申し込むことが出来ません。

freetel simはMNP出来る?

可能です。

auからfreetel simに乗り換えることは出来る?

freetel simはdocomo系のsimなのでauで使っていたスマホ端末を利用することは出来ません。スマホセットで契約することで乗り換えることは可能です。

freetel simに違約金はある?

freetel simでは違約金はかかりません。

端末セットで購入できるスマホ一覧

端末名一括払い(税込)
Kiwami42984円
Miyabi21384円
Priori3 LTE13824円
katana0113824円

freetel simのオプション一覧

オプション名価格備考
留守番電話300円/月留守番電話サービス
キャッチホン200円/月キャッチホンサービス