【2018年版】5インチ台の格安スマホ(SIMフリースマホ)を比較

格安スマホはさまざまなサイズがありますが、その中でもっとも種類が多いのが5インチ台です。

同じ5インチ台でも5.0インチはコンパクト、5.2インチは標準サイズ、5.5インチ以上は大画面、といった特徴があります。

種類が多いので選択肢もたくさんある反面、どれにすれば良いか迷ってしまうという人も多いでしょう。

今回はディスプレイサイズが5インチ台の格安スマホ(SIMフリースマホ)を比較してみました。

現在のスマホは5インチ台が主流

スマホのディスプレイは少しずつ大型化しており、現在では5インチ台が主流で種類が非常に多いです。

そこで、本記事では5インチ台のスマホを

・5.0~5.2インチ未満

・5.2インチ

・5.5~6.0インチ未満

の3つのサイズにグループ化し、それぞれのグループでとくにおすすめのスマホを比較してみました。

5.0~5.2インチ未満の格安スマホ比較

まずは5.0~5.2インチ未満のスマホです。

機種名ディスプレイサイズ実売価格
AQUOS sense lite5.0インチ28,000円前後
arrows M045.0インチ32,000円前後
HUAWEI nova 25.0インチ31,212円
honor 95.15インチ35,000円前後

5.2インチ未満のスマホは本体サイズも比較的コンパクトで、手の小さい人や携帯性を重視する人におすすめです。

ただし、最近ではこのサイズのスマホは種類が少なくなっています。

AQUOS sense lite

AQUOS sense lite SH-M05はシャープから発売されているSIMフリースマホです。 国産スマホらしく防水とおサイフケータイに対応しているのが最大の特徴です。 ...

国内メーカーのシャープが開発しているSIMフリースマホです。

SIMフリースマホとしては珍しくおサイフケータイと防水・防塵に対応しています。

大手キャリアではおサイフケータイと防水は当たり前ですが、SIMフリースマホでは対応している機種が少ないので貴重です。

これまでもおサイフケータイや防水に対応したスマホはありましたが、それらはスペックが低く普段使いがしづらいのが難点でした。

しかし、AQUOS sense liteはオクタコアCPUと3GBメモリを搭載しており、3Dゲームなどよほど負荷の大きいアプリでなければサクサク動作します。また、指紋センサーを搭載しているので、指紋認証によるロック画面解除も可能です。

おサイフケータイと防水に対応し、まずまずのスペックを持ちながら価格は28,000円前後とリーズナブルで、コスパにも優れています。

おサイフケータイと防水・防塵を使いたいというユーザーに最もおすすめできるスマホです。

おサイフケータイはスマホをかざすだけで料金を支払えるサービスです。 財布を持ち歩かなくてもコンビニやスーパーで買い物ができる便利なサービスですが、格安スマホでも使うことができ...
スマホをお風呂やキッチン、プールなどで利用する際に必須なのが「防水機能」です。 大手キャリアでは多くのスマホが防水・防塵機能に対応していますが、最近では格安スマホでも防水機能...

AQUOS R sense liteのスペック

AQUOS sense liteのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅72×縦144×厚さ8.5mm
重さ約147g
ディスプレイ約5.0インチ(1920×1080)
OSAndroid 7.1
CPUQualcomm Snapdragon 430(MSM8937)

1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)

メモリRAM:3GB / ROM:32GB
カメラアウト:1310万画素

イン:500万画素

バッテリー容量2,700mAh
防水・防塵〇 (防水:IPX5/8 防塵:IP6X)
おサイフケータイ

AQUOS sense liteが購入できるMVNOと販売価格

AQUOS sense liteが購入できるMVNOとその販売価格は以下の通りです。

・BIGLOBEモバイル:1,240×24ヶ月(一括購入不可)

・DMMモバイル:27,800円

・NiiMo:32,800円

・IIJmio:25,800円

・LINEモバイル:33,800円

・mineo:33,000円

・NifMo :31,112円

・OCNモバイルONE:29,800円

・QTモバイル:33,000円

・イオンモバイル:32,800円

・エキサイトモバイル:29,800円

・楽天モバイル:29,800円

arrows M04

arrows M04は富士通が開発しているSIMフリースマホです。 耐久性の高さや日本向け機能を搭載していることからロングセラー商品となったarrows M03の後継機で、ス...

国内メーカーの富士通から発売されているSIMフリースマホです。

日本国内で需要が高い防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグの3つの機能に対応しています。

とくにワンセグは国内メーカー製SIMフリースマホでも搭載している機種が少ないので貴重です。

前モデル「arrows M03」の特徴でもあったタフネスさも健在です。米国国防総省の調達基準「MIL規格」の23項目に準拠し、さらに富士通独自の落下テストもクリアしているので、故障の心配なく安心して使えます。

また、arrows M04は泡ハンドソープで本体を丸洗いできます。壊れにくいだけでなく、きれいな状態をいつまでも保つことが可能です。

おサイフケータイやワンセグを使いたい人、耐久力の高いスマホを使いたい人におすすめです。

ただし、スペックはかなり低く、ゲームをプレイする人には向いていません。

arrows M04のスペック

arrows M04のスペックは以下の通りです。

サイズ約幅71×縦144×厚さ8.0mm
重さ約148g
ディスプレイ約5.0インチ(720×1280)
OSAndroid 7.1
CPUQualcomm MSM8916 クアッドコアCPU(1.2GHz)
メモリRAM:2GB / ROM:16GB
カメラアウト:1310万画素

イン:500万画素

バッテリー容量2,580mAh
防水・防塵〇 (防水:IPX5/8 防塵:IP6X)
おサイフケータイ

arrows M04が購入できるMVNOと販売価格

arrows M04が購入できるMVNOとその販売価格は以下の通りです。

・BIGLOBEモバイル:1,490×24ヶ月(一括購入不可)

・DMMモバイル:33,800円

・FiiMo:32,800円

・IIJmio:32,800円

・LINEモバイル:32,800円

・mineo:31,800円

・NifMo :31,112円

・イオンモバイル:37,800円

・エキサイトモバイル:32,800円

・楽天モバイル:34,800円

HUAWEI nova 2

HUAWEI nova 2はHUAWEIが開発し、auとUQモバイルから発売されているSIMフリースマホです。 https://kakuyasu-smart.com/arch...

HUAWEIから発売されているSIMフリースマホです。

約30,000円と手ごろな価格ながらスペックとカメラ性能が高く、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

SoCは独自開発の「Kirin 659」を搭載しています。オクタコアで処理速度が速く、よほど負荷が大きくなければ3Dゲームもプレイ可能です。RAM4GB、ROM64GBとメモリ容量も多いです。

メインカメラには1200万画素+800万画素のダブルレンズカメラを搭載しています。

背景を自由にぼかす「ワイドアパーチャ」に対応しており、一眼レフも顔負けの高品質な写真を撮影可能です。

インカメラも画素数が2000万と非常に高く、鮮やかな自撮りが撮影できます。ビューティー補正機能もあるので、InstagramなどのSNSへ自撮りを投稿する人にも向いています。

UQモバイルでしか購入できないのがデメリットですが、手ごろな価格で高性能なダブルレンズカメラを利用したい人におすすめです。

HUAWEI nova 2のスペック

HUAWEI nova 2のスペックは以下の通りです。

サイズ約幅68.9×縦142.2×厚さ6.9mm
重さ約143g
ディスプレイ約5.0インチ(1920×1080)
OSAndroid 7.0
CPUHUAWEI Kirin 659 オクタコア (4 x 2.36 GHz + 4 x 1.7 GHz)
メモリRAM:4GB / ROM:64GB
カメラアウト:1200万画素+800万画素

イン:2000万画素

バッテリー容量2,950mAh
防水・防塵×
おサイフケータイ×

HUAWEI nova 2が購入できるMVNOと販売価格

HUAWEI nova 2はUQモバイルでのみ購入できます。他のMVNOとセット購入することはできません。

販売価格は31,212円(税込み)です。

honor 9

honor 9は中国のスマホメーカーHUAWEIの最新モデルのSIMフリースマホです。 楽天モバイルの専売モデルとして人気だった「honor 8」の後継機に当たります。 ...

HUAWEIから発売されているSIMフリースマホです。

同社のハイスペックスマホ「HUAWEI P10」とほぼ同じスペックながら価格が安くコスパに優れるのが特徴です。

ハイスペックなオクタコアCPU「Kirin 960」に4GBメモリ、64GBストレージという構成はP10と全く同じで、3Dゲームなどもサクサク動作します。

売りであるアウトカメラは1200万画素+2000万画素のダブルレンズカメラで、こちらもP10と同じです。P10のカメラと比べると、

・Leicaとのコラボカメラではない

・光学式手ブレ補正がついていない

という違いはありますが、honor 9も一眼レフのような鮮明で美しい写真が撮影できます。

このようにスペックに関してはP10とhonor 9はほとんど差がありません。

それにもかかわらず、P10の価格が約60,000円なのに対して、honor 9は約35,000円で購入できます。

手ごろな価格でハイスペックスマホを使ってみたい人におすすめです。

honor 9のスペック

honor 9のスペックは以下の通りです。

サイズ約幅70.9×縦147.3×厚さ7.45mm
重さ約155g
ディスプレイ約5.15インチ(1920×1080)
OSAndroid 7.0
CPUHUAWEI Kirin 960 オクタコア

(4 x 2.4 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53)

メモリRAM:4GB / ROM:64GB
カメラアウト:1200万画素+2000万画素

イン:800万画素

バッテリー容量3,200mAh
防水・防塵×
おサイフケータイ×

honor 9が購入できるMVNOと販売価格

honor 9が購入できるMVNOとその販売価格は以下の通りです。

・IIJmio:39,800円

・イオンモバイル:53,800円

・楽天モバイル:53,800円

5.2インチの格安スマホ比較

続いて5.2インチサイズの格安スマホの比較です。

機種名ディスプレイサイズ実売価格
HUAWEI P10 lite5.2インチ25,000円前後
ZenFone 4 Max5.2インチ20,000円前後
HTC U11 life5.2インチ39,800円

5.2インチサイズは大きすぎず小さすぎず、バランスの良いサイズです。低価格かつミドルスペックの高コスパモデルが多く、幅広い人におすすめできます。

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 liteは中国のスマホメーカーHUAWEIから販売されているSIMフリースマホです。 2016年に日本で大ヒットした「HUAWEI P9 lite」の後...

HUAWEIから発売されているSIMフリースマホです。

ミドルスペックに位置付けられますが、オクタコアCPUと3GBメモリを搭載するなどスペックが高く、指紋認証や急速充電にも対応しています。

カメラはシングルレンズですが高性能で、HUAWEIらしい鮮明で高品質な写真が撮影可能です。

また、au VoLTEに対応しておりau系の格安SIMでも問題なく使えます。

大手携帯キャリアから通信回線を借りて通信サービスを提供している業者をMVNOといい、MVNOが提供している通信サービスは、格安SIM・格安スマホと呼ばれ、今日高い注目を受けています...

海外製のスマホでau VoLTEに対応しているのは珍しいです。

これだけ充実したスペックながら、価格は25,000円前後と非常にリーズナブルです。

他機種を圧倒する優れたコストパフォーマンスで、2017年にもっとも売れたSIMフリースマホとなりました。

発売から1年近く経過しますが、スペック的にはまだまだ現役です。

コスパを重視する人でau系の格安SIMを使いたいならHUAWEI P10 liteがおすすめです。

HUAWEI P10 liteのスペック

HUAWEI P10 liteのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅72×縦146.5×厚さ7.2mm
重さ約146g
ディスプレイ約5.2インチ(1920×1080)
OSAndroid 7.0
CPUHUAWEI Kirin 658 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
メモリRAM:3GB / ROM:32GB
カメラアウト:1200万画素

イン:800万画素

バッテリー容量3,000mAh
防水・防塵×
おサイフケータイ×

HUAWEI P10 liteが購入できるMVNOと販売価格

HUAWEI P10 liteが購入できるMVNOとその販売価格は以下の通りです。

・LinksMate:28,000円

・mineo:27,600円

・UQモバイル:31,212円(税込み)

・イオンモバイル:29,980円

・楽天モバイル:29,980円

ZenFone 4 Max

ZenFone 4 Maxは台湾のメーカーであるASUSから発売されているSIMフリースマホです。 昨年発売されたZenFone 3 Maxの後継機にあたり、特徴でもあったバ...

ASUSから発売されているSIMフリースマホです。

バッテリー重視の「Max」モデルの最新機種で、4,100mAhという大容量バッテリーを搭載しています。

バッテリー持ちが非常によく、最大約37日間という驚異的な連続待ち受け時間を実現しています。

他のスマホやタブレットを充電する「リバースチャージ機能」に対応しているので、モバイルバッテリー代わりに使うことも可能です。

ミドルスペックスマホですが、オクタコアCPUと3GBメモリを搭載しているので普段使いくらいであればストレスなく使えます。

また、2枚のSIMカードを同時に待ち受けできる「DSDS」に対応しています。しかもSIMカードスロットとは別にmicroSDカードスロットが搭載されている「トリプルスロット仕様」なので、DSDSとmicroSDカードを同時に利用可能です。

大容量バッテリーとまずまずのスペック、さらにトリプルスロットを搭載しながら価格は19,800円とかなり安く、コスパにも優れています。

ZenFone 4 Maxのスペック

ZenFone 4 Maxのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅73.3×縦150.5×厚さ8.7mm
重さ約156g
ディスプレイ約5.2インチ(1280×720)
OSAndroid 7.1.1
CPUQualcomm Snapdragon 430 (オクタコアCPU)
メモリRAM:3GB / ROM:32GB
カメラアウト:1300万画素+500万画素

イン:800万画素

バッテリー容量4,100mAh
防水・防塵×
おサイフケータイ×

ZenFone 4 Maxが購入できるMVNOと販売価格

ZenFone 4 Maxが購入できるMVNOとその販売価格は以下の通りです。

・BIGLOBEモバイル:970×24回(一括購入不可)

・DMMモバイル:24,800円

・IIJmio:19,800円

・FiiMo:24,800円

・LINEモバイル:19,800円

・mineo:19,800円

・NifMo:22,223円

・OCNモバイルONE:24,800円

・イオンモバイル:24,800円

・エキサイトモバイル:19,800円

・楽天モバイル:19,800円

HTC U11 life

HTC U11 lifeは台湾のスマホメーカー「HTC」から発売されているSIMフリースマホです。 海外製スマホながら防水・防塵とおサイフケータイに対応している珍しいモデルで...

台湾に拠点を置くスマホメーカー「HTC」のSIMフリースマホです。

海外メーカー製のSIMフリースマホでは珍しくおサイフケータイと防水・防塵に対応しています。

とくにおサイフケータイは日本固有のサービスなので海外メーカー製のスマホで対応している機種はほとんどありません。

オクタコアCPU「Snapdragon 630」に4GBメモリ、64GBストレージを搭載するなどスペックも高く、ゲームをプレイする人にも向いています。

握っただけで任意のアプリ・機能を起動できる「エッジセンス」やHTC独自のAIコンパニオン「HTCセンス・コンパニオン」といった上位モデルにあった機能もしっかり搭載しています。

価格も39,800円とお手頃でコスパにも優れています。国内メーカー製スマホと海外メーカー製スマホの良い所取りのようなスマホですね。

HTC U11 lifeのスペック

HTC U11 lifeのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅73×縦149×厚さ8.1mm
重さ約142g
ディスプレイ約5.2インチ(1920×1080)
OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon 630 オクタコア2.2 GHz (Quad) + 1.8 GHz (Quad)
メモリRAM:4GB / ROM:64GB
カメラアウト:1600万画素

イン:1600万画素

バッテリー容量2,600mAh
防水・防塵〇 (防水:IPX7 防塵:IP6X)
おサイフケータイ

HTC U11 lifeが購入できるMVNOと販売価格

2018年6月現在、HTC U11 lifeが購入できるのは楽天モバイルのみです。

他のMVNOから購入することはできません。

販売価格は39,800円です。

5.5~6.0インチ未満の格安スマホ比較

最後に5.5インチ以上の格安スマホの比較です。

機種名ディスプレイサイズ実売価格
Moto Z2 Play5.5インチ52,000円前後
HUAWEI nova lite 25.65インチ23,000円前後
Wiko g085.7インチ26,000円前後
HUAWEI Mate 10 lite5.9インチ35,000円前後

5.5インチ以上になると、ディスプレイがかなり大きくなります。

しかし、ベゼルが狭かったり、アスペクト比18:9の縦長ディスプレイを搭載していたりする機種が増えているため、以前の大型スマホと比べると比較的コンパクトなサイズに収まっています。

Moto Z2 Play

モトローラから発売されているSIMフリースマホです。

専用の拡張モジュール「Moto Mods」を使って機能を拡張できるのが最大の特徴です。

Moto Modsにはさまざまな種類があり、自分好みの機能を追加してMoto Z2 Playをカスタマイズすることができます。

例えばカメラを重視するなら最大10倍光学ズームが可能になる「Hasselblad True Zoom」、バッテリー持ちを重視するならバッテリーの駆動時間を延長できる「Incipio offGRID Power Pack」、といった感じです。

もちろんMoto Z2 Play自体もスペックが高いです。

オクタコアCPUと4GBメモリでサクサクと動作しますし、よほどヘビーなものでなければゲームもできます。

指紋認証や急速充電、DSDSにも対応しており、使い勝手も良いです。

Moto Z2 Playのスペック

Moto Z2 Playのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅76.2×縦156.2×厚さ5.99mm
重さ約145g
ディスプレイ約5.5インチ(1920×1080)
OSAndroid 7.1.1
CPUQualcomm Snapdragon 626
メモリRAM:4GB / ROM:64GB
カメラアウト:1200万画素

イン:500万画素

バッテリー容量3,000mAh
防水・防塵△(撥水ナノコーティング)
おサイフケータイ×

Moto Z2 Playが購入できるMVNOと販売価格

2018年6月現在、主要なMVNOでMoto Z2 Playを取り扱っているところはありません。

Moto Z2 Playを利用する場合は家電量販店やインターネット通販で購入しましょう。

HUAWEI nova lite 2

HUAWEI nova lite 2は中国のスマホメーカー「HUAWEI」が発売しているSIMフリースマホです。 昨年発売され、コスパの高さで大ヒットしたnova liteの...

HUAWEIから発売されているエントリークラスのSIMフリースマホです。

コスパの高さで大ヒットした「nova lite」の後継機で、nova lite 2も他のSIMフリースマホを圧倒する驚異的なコスパを誇っています。

ディスプレイにはトレンドとなっているアスペクト比18:9の縦長ディスプレイを採用しています。

ベゼルも狭いため、5.65インチという大画面ながら本体サイズは5.2インチクラスとコンパクトです。

本体背面には1300万画素と200万画素のダブルレンズカメラを搭載しています。背景を自由にぼかせる「ワイドアパーチャ」に対応しており、だれでも簡単に本格的な写真が撮影可能です。

さらに生体認証として指紋認証と顔認証の2つを採用しています。どちらも認証精度が高く、素早くロック画面を解除できます。

縦長ディスプレイ、ダブルレンズカメラ、顔認証と最近のスマホのトレンドをこれでもかと詰め込んでおり、とてもエントリークラスとは思えないですね。

これだけ充実していながら本体価格は23,000円前後と安く、驚異的なコスパです。

こだわりがないなら、とりあえずnova lite 2を購入しておけばよいでしょう。

HUAWEI nova lite 2のスペック

HUAWEI nova lite 2のスペックは以下の通りです。

サイズ約幅72.05×縦150.1×厚さ7.45mm
重さ約143g
ディスプレイ約5.65インチ(2160×1080)
OSAndroid 8.0
CPUHUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU

(4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)

メモリRAM:3GB / ROM:32GB
カメラアウト:1300万画素+200万画素

イン:800万画素

バッテリー容量3,000mAh
防水・防塵×
おサイフケータイ×

HUAWEI nova lite 2が購入できるMVNOと販売価格

HUAWEI nova lite 2が購入できるMVNOとその販売価格は以下の通りです。

・BIGLOBEモバイル:1,080×24回(一括購入不可)

・DMMモバイル:25,980円

・FiiMo:25,800円

・IIJmio:21,800円

・LINEモバイル:25,980円

・LinksMate:24,800円

・mineo:22,800円

・NifMo:22,223円

・OCNモバイルONE:22,800円

・QTモバイル:23,760円

・イオンモバイル:25,800円

・エキサイトモバイル:23,800円

・楽天モバイル:25,980円

Wiko g08

フランスのスマホメーカーWikoが開発し、「gooのスマホ」ブランドとして発売されているSIMフリースマホです。

約26,000円と低価格ながらDSDSに対応しているのが特徴です。しかも国内3キャリアのVoLTEが使えるので、au系の格安SIMを使うこともできます。DSDSとau VoLTEの両方に対応しているのは珍しいですね。

さらにトリプルスロット仕様なので、DSDSとmicroSDカードを併用できます。

写真やアプリをたくさん保存したいという人も安心です。

縦横比18:9の縦長ディスプレイやデュアルレンズインカメラなど、最近のスマホのトレンドもしっかり取り入れています。

Wiko g08のスペック

Wiko g08のスペックは以下の通りです。

サイズ約幅72.8×縦152.3×厚さ8.3mm
重さ約162g
ディスプレイ約5.7インチ(1440×720)
OSAndroid 7.1
CPUQualcomm Snapdragon 430,オクタコア

(1.4GHz x4, 1.1GHz x4)

メモリRAM:4GB / ROM:64GB
カメラアウト:1600万画素

イン:2000万画素+800万画素

バッテリー容量3,000mAh
防水・防塵×
おサイフケータイ×

Wiko g08が購入できるMVNOと販売価格

Wiko g08が購入できるMVNOはOCNモバイルONEのみで、販売価格は25,800円です。

g08単体であればAmazonなどのインターネット通販や家電量販店で購入できます。

すでに別の格安SIMを使っていて端末だけが欲しい、という場合は通販か家電量販店で購入しましょう。

HUAWEI Mate 10 lite

HUAWEIから発売されているSIMフリースマホです。

特徴的なのがカメラで、アウトカメラ・インカメラの両方がダブルレンズカメラの「クアッドレンズ仕様」となっています。

どちらかのカメラがダブルレンズのスマホは多いですが、クアッドレンズのスマホは少ないです。

どちらのカメラも背景をぼかせる「ワイドアパーチャ」に対応しています。

ボケを生かした本格的な写真を手軽に撮影したい人や、SNSに自撮りを頻繁に投稿する人にぴったりですね。

ディスプレイサイズは5.9インチと大きいですが、ベゼルレスなので本体サイズはコンパクトで持ちやすいです。

価格も35,000円前後と性能の割にはリーズナブルなので、手ごろな価格でカメラ性能が良いスマホを使いたい人におすすめです。

HUAWEI Mate 10 liteのスペック

HUAWEI Mate 10 liteのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅75.2×縦156.2×厚さ7.5mm
重さ約164g
ディスプレイ約5.9インチ(2160×1080)
OSAndroid 7.0
CPUHUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU

(4 x 2.36 GHz A53 + 4 x 1.7 GHz A53)

メモリRAM:4GB / ROM:64GB
カメラアウト:1600万画素+200万画素

イン:1300万画素+200万画素

バッテリー容量3,340mAh
防水・防塵×
おサイフケータイ×

HUAWEI Mate 10 liteが購入できるMVNOと販売価格

2018年6月現在、主要なMVNOでHUAWEI Mate 10 liteを取り扱っているところはありません。

HUAWEI Mate 10 liteを利用する場合は家電量販店やインターネット通販で購入しましょう。

まとめ

今回は5インチ台の格安スマホ(SIMフリースマホ)を比較してみました。

同じ5インチでも、

・5.0~5.2インチはコンパクトで持ちやすい

・5.2インチは大きすぎず小さすぎずちょうど良い

・5.5~6.0インチ未満は大画面で動画やゲームに向いている

といったように、サイズによって特徴が異なります。

まずは自分の用途に合ったサイズを選び、そこから機能やデザインなどで購入するスマホを選びましょう。