バッテリー持ちの良い格安スマホ(SIMフリースマホ)を比較

スマホを購入する際にCPUやカメラと同じくらい重要なのがバッテリーです。

最近では格安スマホでも大容量バッテリーを搭載しているモデルや、急速充電に対応しているものが増えており、長時間にわたってスマホを利用することが可能になっています。

今回はバッテリー持ちの良い格安スマホ(SIMフリースマホ)を比較してみました。

バッテリー持ちが良い格安スマホ比較

今回比較するバッテリー持ちが良い格安スマホは以下の通りです。

機種名バッテリー容量実売価格
ZenFone Max Plus(M1)4,130mAh29,800円前後
ZenFone 4 Max Pro5,000mAh29,800円
ZenFone Zoom S5,000mAh50,000円前後
HUAWEI Mate 10 Pro4,000mAh80,000円前後
Android One X13,900mAh58,100円

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ZenFone Max Plus(M1)

ZenFone Max Plus(M1)はASUSから発売されているSIMフリースマホです。 大容量バッテリーを搭載している「Max」シリーズの最新モデルで、Max Plus...

ASUSから発売されているSIMフリースマホです。

前面にはベゼルを極限まで削った「フルビューディスプレイ」を採用しています。

5.2インチモデルとほぼ同じボディサイズながら、5.7インチというディスプレイサイズを実現しています。

そして、最大の特徴でもあるのがバッテリーです。4,130mAhの大容量バッテリーを搭載しており、バッテリー持ちが非常に良いです。

付属のACアダプターを使えば約3時間で満充電、15分の充電で3時間の通話が可能になるなど充電速度も優れています。

これまでのMaxシリーズ同様、リバースチャージ機能に対応しており、他のスマホやタブレットを充電することも可能です。

このほかにも、

・デュアルレンズカメラ搭載

・DSDSとmicro SDカードが併用可能なトリプルスロット

・顔認証と指紋認証のダブル認証

など、さまざまな機能を搭載しながら30,000円前後で購入が可能と、コストパフォーマンスにも優れています。

ZenFone Max Plus(M1)のスペック

ZenFone Max Plus(M1)のスペックは以下の通りです。

サイズ約幅73×縦152.6×厚さ8.8mm
重さ約160g
ディスプレイ約5.7インチ(2160×1,080)
OSAndroid 7.0
CPUMediaTek MT6750T (オクタコアCPU)
メモリRAM:4GB / ROM:32GB
カメラアウト:1600万画素+800万画素

イン:800万画素

バッテリー容量4,130mAh
防水・防塵なし

ZenFone Max Plus(M1)が購入できるMVNOと販売価格

ZenFone Max Plus(M1)が購入できるMVNOと販売価格は以下の通りです。

BIGLOBEモバイル:1,240円×24ヶ月(一括購入不可)

LINEモバイル:29,800円

NifMo:28,889円

楽天モバイル:29,800円

ZenFone 4 Max Pro

ZenFone 4 Max ProはASUSが開発し、ビックカメラグループ独占で販売されているSIMフリースマホです。 同社のSIMフリースマホ「ZenFone 4 Max」...

こちらもASUSから発売されているSIMフリースマホです。

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのが大きな特徴です。

スマホとしては最大クラスの容量で、とにかくバッテリーが長持ちします。4 Max Proもリバースチャージ機能に対応しており、他のスマホなどを充電可能です。

トリプルスロットやデュアルレンズカメラ、指紋認証なども搭載しており、エントリーモデルとは思えないスペックを誇ります。

なお、似たような端末で「ZenFone 4 Max」もあります。基本的な性能は4 Max Proと同じですが、バッテリー容量は4,100mAhとやや少なめです。

また、メモリ容量も4 Max Proが4GBなのに対して4 Maxは3GBと少ないです。とは言え、ZenFone 4 Maxもバッテリー持ちはかなりのものです。

もう1つ大きな違いは購入できる販路です。ZenFone 4 MaxはMVNOとのセット販売や家電量販店、ネット通販でも購入できます。

しかし、ZenFone 4 Max Proは家電量販店「ビックカメラ」の独占販売となっており、他では購入できません。

基本的には4 Max Proのほうがおすすめですが、MVNOとセットで購入したい場合はZenFone 4 Maxもおすすめです。

ZenFone 4 Max Proのスペック

ZenFone 4 Max Proのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅76.9×縦154×厚さ8.9mm
重さ約181g
ディスプレイ約5.5インチ(1280×720)
OSAndroid 7.0
CPUQualcomm Snapdragon430(オクタコアCPU)
メモリRAM:4GB / ROM:32GB
カメラアウト:1300万画素+500万画素

イン:800万画素

バッテリー容量5,000mAh
防水・防塵なし

ZenFone 4 Max Proが購入できるMVNOと販売価格

ZenFone 4 Max Proは家電量販店「ビックカメラ」でのみ購入できます。

ビックカメラでの販売価格は29,800円です。

ZenFone Zoom S

ZenFone Zoom Sは台湾のスマホメーカー「ASUS」から発売されているSIMフリースマホです。 「Zoom」という名前の通りズーム機能に特化しており、最大12倍とい...

こちらも、ASUSから発売されているSIMフリースマホです。

「Zoom」という名の通りカメラ機能に特化しているスマホで、メインカメラは1200万画素+12000万画素のデュアルレンズカメラになっています。

光学2.3倍ズームや背景をぼかして人物を際立たせる「ポートレートモード」に対応するなど性能が高く、一眼レフカメラにも負けない美しい写真が撮影できます。

このようにカメラに力を入れているZoom Sですが、実はバッテリーも優れています。5,000mAhという大容量のバッテリーを搭載しており、通常の使用であれば1回の充電で丸2日間は利用可能です。Maxシリーズ同様に他のスマホを充電する「リバースチャージ機能」にも対応しています。

バッテリー持ちの良いスマホを使いたいけど、カメラにもこだわりたいという人におすすめのスマホです。

ZenFone Zoom Sのスペック

ZenFone Zoom Sのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅77×縦154.3×厚さ7.9mm
重さ約170g
ディスプレイ約5.5インチ(1920×1080)
OSAndroid 6.0.1
CPUQualcomm Snapdragon 625 (オクタコアCPU)
メモリRAM:4GB / ROM:64GB
カメラアウト:1200万画素+1200万画素

イン:1300万画素

バッテリー容量5,000mAh
防水・防塵なし

ZenFone Zoom Sが購入できるMVNOと販売価格

ZenFone Zoom Sが購入できるMVNOと販売価格は以下の通りです。

IIJmio:52,800円

nuroモバイル:55,200円

HUAWEI Mate 10 Pro

HUAWEI Mate 10 Proは中国のスマホメーカーHUAWEIから発売されているSIMフリースマホです。 AI対応のオクタコアCPUと大容量6GBメモリ、Leicaダ...

中国のスマホメーカーHUAWEIのハイスペックスマホです。

AI機能に対応したオクタコアCPUに6GBメモリ、Leicaとコラボしたダブルレンズカメラなどを搭載し、海外製SIMフリースマホでは珍しく防水・防塵に対応するなど、SIMフリーのAndroidスマホの中でもトップクラスの性能を誇ります。

そんなMate 10 Proはバッテリーも優秀です。バッテリー容量は4,000mAhとバッテリー持ちの良いほかのスマホと比べるとやや少ないですが、AIがユーザーの使い方を学習し、効率よくリソースを配分するためバッテリー持ちはかなり良いです。

また、HUAWEI独自の急速充電「スーパーチャージ」に対応しており、約20分の充電で丸1日使うことができます。

ハイスペックでバッテリー持ちが良いスマホを使いたい人におすすめです。

HUAWEI Mate 10 Proのスペック

HUAWEI Mate 10 Proのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅74.5×縦154.2×厚さ7.9mm
重さ約178g
ディスプレイ約6.0インチ(2,160×1,080)
OSAndroid 8.0
CPUHUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU

(4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53)

メモリRAM:6GB / ROM:128GB
カメラアウト:1200万画素+2000万画素

イン:800万画素

バッテリー容量4,000mAh
防水・防塵あり(防水:IPX7 防塵:IP6X)

HUAWEI Mate 10 Proが購入できるMVNOと販売価格

HUAWEI Mate 10 Proが購入できるMVNOとその販売価格は以下の通りです。

DMMモバイル:89,800円

IIJmio:79,800円

LinksMate:88,000円

NifMo:82,223円

OCNモバイルONE:79,800円

イオンモバイル:89,800円

エキサイトモバイル:79,800円

楽天モバイル:89,800円

Android One X1

Android One X1はシャープが開発し、Y!mobileから発売されているスマホです。

常に最新のAndroidを利用できる「Android One」ブランドのスマホで、発売から24ヶ月間に1回以上のアップデートと、発売から3年間のセキュリティアップデートが保証されており、長く安心して使えます。

Android One X1のバッテリー容量は3,900mAhと今回比較する中ではもっとも少ないですが、シャープが独自開発している省エネ性能に優れたパネル「IGZO液晶ディスプレイ」を搭載しており、4日間を超える電池持ちを実現しています。

日本で比較的需要が高い防水・防塵、ワンセグ、おサイフケータイに対応しているのも見逃せません。とくにワンセグとおサイフケータイは海外製で対応しているスマホはほとんどないため貴重です。

バッテリーを重視しており、なおかつ防水・防塵、ワンセグ、おサイフケータイを利用したい人におすすめです。

Android One X1のスペック

Android One X1のスペックは以下の通りです。

サイズ約幅74×縦152×厚さ8.9mm
重さ約169g
ディスプレイ約5.3インチ(1920×1080)
OSAndroid 8.0

(購入タイミングによってはバージョンアップが必要)

CPUMSM8940 1.4GHz + 1.1GHz (オクタコア)
メモリRAM:3GB / ROM:32GB
カメラアウト:1640万画素

イン:800万画素

バッテリー容量3,900mAh
防水・防塵あり(防水:IPX5/8 防塵:IP6X)

Android One X1が購入できるMVNOと販売価格

Android One X1はY!mobileでのみ購入できます。Y!mobileでの販売価格は58,100円です。

まとめ

今回はバッテリー持ちが良い格安スマホを比較しました。

今回比較したスマホはいずれもバッテリー容量が多く、しかもリバースチャージや急速充電などにも対応しており、使い勝手も非常に良いです。

どれだけ高性能なスマホでもバッテリーがなくなって使えなくなっては意味がありませんからね。

1日中、バッテリーを気にせず思う存分スマホを使いたいという人は、今回比較したバッテリー持ちの良い格安スマホを使ってみてはいかがでしょうか。