防水の格安スマホ(SIMフリースマホ)を比較

スマホをお風呂やキッチン、プールなどで利用する際に必須なのが「防水機能」です。

大手キャリアでは多くのスマホが防水・防塵機能に対応していますが、最近では格安スマホでも防水機能があるスマホが増えています。

今回は防水機能がある格安スマホを比較してみました。

防水スマホを利用する際の注意点

防水スマホを利用する際は以下の点に注意してください。

必ず「等級」をチェックしよう

防水スマホを購入する際は必ず「等級」をチェックしましょう。

等級はそのスマホの防水性能と防塵性能がどれくらいかを表しています。

等級は「IP67」のように「IP」と「2桁の数字」で表記します。左側の数字が防塵性能の等級、右側の数字が防水性能の等級です。IP67の場合は防塵の等級が「6」、防水の等級が「7」ということになります。

また、防水と防塵のいずれかだけを表す場合は「X」を使います。例えば防水性能だけを表す場合は「IPX7」、防塵性能だけを表す場合は「IP6X」といった感じです。

防水の等級および防塵の等級は以下の通りです。

・防水

保護等級保護内容
0特に保護がされていない
1垂直に落ちてくる水滴による有害な影響がない
2垂直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
3垂直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
4あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない
5あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
6あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
7一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない
8継続的に水没しても内部に浸水することがない

・防塵

保護等級保護内容
0特に保護がされていない
1直径50mm以上の固形物が中に入らない
2直径12.5mm以上の固形物が中に入らない
3直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
4直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
5有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない
6粉塵が中に入らない

例えば防水・防塵の等級が「IP67」のスマホは「粉塵が中に入らない」かつ「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない」ということなので、防水性能・防塵性能ともに高いということが分かります。

一言で「防水スマホ」といっても、等級によって防水性能が全く違います。キッチンでレシピを見るだけ、という人ならIPX5で問題ありませんし、逆にお風呂やプールで使いたい、という場合は万が一水の中に沈んでも大丈夫なようにIPX7以上を選ぶ必要があります。

そのため、防水スマホを購入する際は等級を確認し、自分の用途に合った防水性能のスマホを購入する必要があります。

海水や温水の場合は防水スマホでも故障する可能性がある

お風呂や海でスマホを使う場合、たとえ防水スマホでも故障してしまう可能性があります。

基本的に、防水スマホのテストは「真水」で行われています。つまり、海水や温水でのテストは行われていないので、真水と同じようにしっかり防水してくれるかはわからない、ということです。

水道水では平気だったけど、お風呂のお湯につけたら故障した、なんてケースもあります。シャワーや水しぶきくらいであれば問題ないでしょうが、湯船につけたり、深い海の中に落としたりするのはいくら防水スマホでもやめたほうが良いです。

お風呂や海で防水スマホを使う場合は防水ケースを併用するとより安全です。

おすすめの防水スマホ

防水機能が付いた格安スマホはいくつかありますが、ここでは特におすすめの機種を紹介します。

AQUOS sense lite

AQUOS sense lite SH-M05はシャープから発売されているSIMフリースマホです。 国産スマホらしく防水とおサイフケータイに対応しているのが最大の特徴です。 ...

AQUOS sense liteはシャープから発売されているSIMフリースマホです。

IPX5/8相当の防水機能を持っており、お風呂やキッチンでも問題なく使えます。

独自開発しているIGZO液晶ディスプレイはノイズが少ないので濡れていても誤動作しにくく、快適に操作できます。

スペックはミドルスペックで、重たい3Dゲームなどは難しいですが普段使いなら問題ありません。

価格も30,000円前後とリーズナブルなので、コスパの高い防水スマホが欲しい人におすすめです。

AQUOS sense liteのスペック

AQUOS sense liteのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅72×縦144×厚さ8.5mm
重さ約147g
ディスプレイ約5.0インチ(1920×1,080)
OSAndroid 7.1
CPUQualcomm Snapdragon 430(オクタコアCPU)
メモリRAM:3GB / ROM:32GB
カメラアウト:1310万画素 イン:500万画素
バッテリー容量2,700mAh
防水・防塵防水:IPX5/8 防塵:IP6X

AQUOS sense liteを取り扱っているMVNOと販売価格

AQUOS sense liteを取り扱っているMVNOとその販売価格は以下の通りです。

BIGLOBEモバイル:1,240円×24ヶ月(一括不可)

DMMモバイル:29,800円

IIJmio:29,800円

LINEモバイル:33,800円

mineo:33,000円

NifMo:31,112円

OCNモバイルONE:29,800円

イオンモバイル:32,800円

エキサイトモバイル:29,800円

楽天モバイル:29,800円

arrows M04

arrows M04は富士通が開発しているSIMフリースマホです。 耐久性の高さや日本向け機能を搭載していることからロングセラー商品となったarrows M03の後継機で、ス...

arrows M04は富士通から発売されているSIMフリースマホです。

防水・防塵に加えて落下や衝撃、振動、高温/低温動作といったMIL規格23項目に準拠した耐久力の高さが売りのタフネススマホです。

おサイフケータイとワンセグに対応しており、使い勝手も良いです。

ワンセグ用のアンテナが内蔵されているので、別途アンテナを取り付けることなく、素早くワンセグが見られます。

スペックは2世代前のarrows M02からほとんど変わっていないためライトユーザー向けですが、頑丈なスマホを使いたい人やワンセグ・おサイフケータイを利用したい人におすすめです。

arrows M04のスペック

arrows M04のスペックは以下の通りです。

サイズ約幅144×縦71×厚さ8.0mm
重さ約148g
ディスプレイ約5.0インチ(720×1,280)
OSAndroid 7.1
CPUMSM8916(1.2GHz) クアッドコアCPU
メモリRAM:2GB / ROM:16GB
カメラアウト:1,310万画素 イン:500万画素
バッテリー容量2,580mAh
防水・防塵防水:IPX5/8 防塵:IP6X

arrows M04を取り扱っているMVNOと販売価格

arrows M04を取り扱っているMVNOとその販売価格は以下の通りです。

BIGLOBEモバイル:1,490円×24ヶ月(一括不可)

DMMモバイル:33,800円

NiiMo:32,800円

IIJmio:32,800円

LINEモバイル:32,800円

mineo:31,800円

NifMo:31,112円

QTモバイル:33,000円

イオンモバイル:37,800円

楽天モバイル:34,800円

HTC U11 life

台湾のスマホメーカーHTCから発売されているSIMフリースマホです。

海外製SIMフリースマホとしては珍しく防水・防塵に加えておサイフケータイにも対応しています。

同社のハイスペックモデル「HTC U11」の廉価版ですが、スマホを握るだけで好みのアプリや機能が使える「エッジ・センス」を搭載しているなど、U11の使い勝手の良さは健在です。

30,000円台後半ですがSnapdragon 630、大容量の4GBメモリ、高性能な指紋認証センサーを搭載するなどスペックも高く、海外製スマホと国産スマホの良いところを合わせたようなスマホに仕上がっています。

HTC U11 lifeのスペック

HTC U11 lifeのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅73×縦149×厚さ8.1mm
重さ約142g
ディスプレイ約5.2インチ(1920×1,080)
OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon 630 SDM630 オクタコア 2.2GHz+1.8GHz
メモリRAM:4GB / ROM:64GB
カメラアウト:1,600万画素 イン:1,600万画素
バッテリー容量2,600mAh
防水・防塵防水:IPX7 防塵:IP6X

HTC U11 lifeを取り扱っているMVNOと販売価格

2018年3月現在、HTC U11 lifeを取り扱っているのは楽天モバイルのみです。販売価格は39,800円です。

AQUOS R compact

AQUOS R compactはシャープから発売されているSIMフリースマホです。 名前の通りコンパクトな本体サイズながら、ベゼルレスなデザインにより大画面を実現しているのが...

AQUOS R compactはシャープから発売されているハイスペックスマホです。

当初はドコモやauといった大手キャリア向けに販売されていましたが、2018年1月よりSIMフリー版が発売されました。

ディスプレイの上部と左右のベゼルを極限まで削ったデザインの「フリーフォームディスプレイ」が大きな特徴です。

前面のほとんどがディスプレイなので、4.9インチという大画面ながらコンパクトなボディサイズを実現しています。

Snapdragon 660を搭載しており、スペックも高いです。もちろん、IPX5/8相当の高い防水性能を持っているので、水回りでも安心して使えます。

AQUOS R compactのスペック

AQUOS R compactのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅66×縦132×厚さ9.6mm
重さ約140g
ディスプレイ約4.9インチ(2,032×1,080)
OSAndroid 8.0
CPUQualcomm Snapdragon 660(SDM660)

2.2GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア) オクタコア

メモリRAM:3GB / ROM:32GB
カメラアウト:1,640万画素 イン:800万画素
バッテリー容量2,500mAh
防水・防塵防水:IPX5/X8 防塵:IP6X

AQUOS R compactを取り扱っているMVNOと販売価格

AQUOS R compactを取り扱っているMVNOとその販売価格は以下の通りです。

BIGLOBEモバイル:2,850円×24ヶ月(一括不可)

DMMモバイル:64,800円

IIJmio:59,800円

OCNモバイルONE:66,900円

楽天モバイル:67,800円

HUAWEI Mate 10 Pro

中国のスマホメーカーHUAWEIのハイスペックスマホです。

同社の日本向けモデルとしては初めて防水・防塵に対応しました。HUAWEIユーザーにとっては待ちに待ったスマホですね。

特徴はスペックの高さです。独自開発のCPU「Kirin 970」はオクタコアで動作が速いだけでなく、スマホとしては初めてAI処理専用プロセッサを搭載しています。

メインカメラには代名詞でもある「Leicaダブルレンズカメラ」を搭載しており、一眼レフカメラにも負けないボケ味のある高画質な写真を撮影できます。カメラもAIに対応しており、被写体やシーンを自動で判別し、適切なモードで撮影してくれます。

防水・防塵に対応したSIMフリーのAndroidスマホとしては最高クラスのスペックです。

スペックを重視しつつ、防水にも対応しているスマホを使いたい人におすすめです。

HUAWEI Mate 10 Proのスペック

HUAWEI Mate 10 Proのスペックは以下の通りです。

サイズ約幅74.5×縦154.2×厚さ7.9mm
重さ約178g
ディスプレイ約6.0インチ(2,160×1,080)
OSAndroid 8.0
CPUHUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU

(4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53)

メモリRAM:6GB / ROM:128GB
カメラアウト:1200万画素+2000万画素

イン:800万画素

バッテリー容量4,000mAh
防水・防塵防水:IPX7 防塵:IP6X

HUAWEI Mate 10 Proを取り扱っているMVNOと販売価格

HUAWEI Mate 10 Proを取り扱っているMVNOとその販売価格は以下の通りです。

DMMモバイル:89,800円

IIJmio:79,800円

LinksMate:88,000円

NifMo:82,223円

OCNモバイルONE:79,800円

イオンモバイル:89,800円

エキサイトモバイル:79,800円

楽天モバイル:89,800円

iPhone 8

ここまでAndroid端末を紹介してきましたが、防水に対応したiPhoneを格安SIMで利用することも可能です。

防水対応のiPhoneはいくつかありますが、中でもおすすめはSIMフリー版iPhone 8です。iPhone 7までのデザインと操作性を引き継ぎつつスペックはより高くなり、ワイヤレス充電やTrue Toneといった新しい機能にも対応しています。

ただし、現在iPhone 7を使っている場合は無理に買い替える必要はありません。その場合はデザインや機能がガラリと変わったiPhone Xのほうがおすすめです。

iPhone 8のスペック

iPhone 8のスペックは以下の通りです。

サイズ約幅67.3×縦138.4×厚さ7.3mm
重さ約148g
OSiOS 11
CPUA11 Bionicチップ
ストレージROM:64GB/256GB
カメラアウト:1200万画素 イン:700万画素
防水・防塵防水:IPX7 防塵:IP6X

iPhone 8を取り扱っているMVNOと販売価格

2018年3月現在、iPhone 8を取り扱っているMVNOはありません。格安SIMでiPhone 8を使う場合はSIMフリーのiPhone 8をアップルストアもしくはアップルオンラインストアから購入しましょう。

アップルオンラインストアの価格は64GBモデルが78,800円、256GBモデルが95,800円となっています。

まとめ

今回は防水機能がついた格安スマホを比較しました。

同じ防水スマホでも等級によってどのレベルまで防水してくれるかが異なります。

防水スマホを購入する際は等級をしっかり確認し、自分の用途や目的に合った防水性能のスマホを購入するようにしましょう。

また、防水スマホでも海水や温水には耐えられない可能性もあります。お風呂や海で使う場合は防水ケースも併用しましょう。