格安スマホが故障する原因と正しい対処法

格安スマホを日常的に使っていて、「もしかして故障してしまったのでは?」と不安を抱えている方はいませんか?

大手キャリアのスマホと同じように簡単には故障しないものの、次のような状態に陥ることがあります。

・画面が固まったフリーズしている
・電源が全く入らない
・コンセントに挿しているのに充電できない
・スマホが異常に熱くて発熱している
・インターネットへと接続できない

格安スマホが故障する原因とは?

こんなトラブルの原因は、「バッテリーの充電不足」「バッテリーの劣化」「OSやアプリによる異常な動作」など様々ですね。

しかし、格安スマホの画面が固まったりネットへと接続できなかったりしても、必ずしも故障だと言い切ることはできません。

幾つかの手順を踏むことでトラブルが解消するケースはありますので、焦らずに対処するのが大事です。

格安スマホが故障かも・・・と思った時の正しい対処法は?

以下では、格安スマホが故障かも・・・と思った時にどんな対処法を取れば良いのか幾つか挙げてみました。

「格安スマホの端末に何かしらの異常がある=故障だから直ぐに買い替えなければならない」と考えるのは間違いかもしれません。

精密機械は長年に渡って使っていれば上手く起動しなくなりますので、何から始めれば良いのかきちんとチェックしておきましょう。

30分くらいは充電する⇒単純にバッテリーが空になって電源が入らないことが多く、まずは純正のアダプターとケーブルで充電する
強制終了や強制再起動をする⇒「画面が付かない」「操作ができない」といった時は、電源ボタンを10秒以上長押しして再起動するのが効果的
電池パックを外してみる⇒システムにエラーが起こって操作できない時は、本体の電池パックを外して内部の汚れをティッシュで拭き取る
カード類を全部取り出す⇒端末の中に入っているSIMカードやmicroSDカードを抜き出し、汚れが付着していないのかどうか確認する

格安スマホが壊れたのではとサポートセンターや窓口へと泣きつく方は多いものの、自分ができることから始めるのが正しい対処法ですね。

一時的なトラブルでまだ十分に使える端末なのにも関わらず、勘違いして買い替えるのは勿体無いと心得ておいてください。

格安スマホが故障した時に押さえておきたいポイント

上記のセルフケアを試したのにも関わらず、格安スマホが「動かない」「タッチパネルが操作できない」といった状態に陥った場合は故障の可能性があります。

今の状態ではスマートフォンとしての役割を果たしてくれないため、別の対処をしなければなりません。

そこで、格安スマホが故障した時に押さえておきたいポイントを幾つか挙げていますので、何をすれば良いのかチェックしておきましょう。

端末製造会社へと連絡する

格安スマホを端末セットで購入した場合、どのサービスでも一年間端末保障が付いています。

端末や本体が故障した時は自分が契約しているMVNOではなく、端末製造会社に連絡するのがポイントです。

端末製造会社のサポートセンターへと電話をかけ、修理できるのか代替機を貰えるのか問い合わせてみましょう。

ただし、購入してから1年間が経過した場合は次の点に注意が必要です。

・水没や落下による破損の場合は保証期間内でも有償の修理となる
・端末の修理に対応できるかどうかはケースバイケース

格安スマホは丈夫そうでも精密機械の一つですので、何かしらの衝撃を与えると壊れてしまいます。

故意による故障は保証の対象外となるため、普段から大事に取り扱わなければなりません。

端末保証サービスに入っていれば新品に交換できる

格安スマホの修理方法として、端末保証サービスへの加入が簡単です。

契約する際の端末料金や月額料金に加えて別途で費用を負担しなければならないものの、端末保証サービスへと加入していれば2年間まで保証してもらえます。

自然故障だけではなく、水没や落下による破損でも新品との交換ができるため、月額料金を支払って加入する方は増えました。

どのMVNOで端末保証サービスが用意されているのか幾つか見ていきましょう。

楽天モバイル:月額500円のサービスで故障や破損などのトラブルに対応してくれる
BIGLOBEモバイル:3種類のプランから選択可能で、交換回数によって料金が増える仕組み
mineo(マイネオ):月額370円のオプションで、端末保証に加えてウイルスバスターもセットになる

原則的に端末保証サービスの加入は購入時のみですので、契約する際に本当に必要なのか考えるべきですね。

店頭へと持ち込んで修理する

基本的に格安スマホを取り扱うMVNOは、人件費を削減するために店舗を持っていません。

インターネットを使って契約する形となりますが、以下のサービスは実店舗を持っています。

イオンモバイル
Y!mobile
mineo(マイネオ)

これらのMVNOの格安スマホを使っている方は、本体が故障した時に店頭へと持ち込んで修理してもらうのは選択肢の一つです。

店頭のスタッフさんへと修理費用の相談もできますので安心してください。