SIMロック解除義務化とは何?メリット・デメリットは?

2015年の5月1日から携帯電話やスマートフォンのSIMロック解除義務化がスタートしました。

今回はSIMロック解除義務化について解説していきます。

SIMロック解除義務化とは?

SIMカードとは携帯電話ごとに使われている加入者を特定するためのID番号が記録されたICカードで、身分証明書のような存在ですね。

今まではdocomoで購入したスマホに入っているSIMカードは別の端末では使えなかったものの、現在ではSIMロックを解除していればキャリアに縛られずに使用できます。

SIMロック解除義務化がどんな仕組みなのか簡単に見ていきましょう。

①従来は他事業者の回線サービスを利用できないように、docomoやauなどの大手キャリアは端末自体の縛りのSIMロックをかけていた
②SIMカードを差し替えても使えないため、通信会社を変更する際には端末も同時に買い替える必要があった
③これは安価にスマートフォンを購入したユーザーが回線を解約し、別の事業者へと移らないように阻止するのが目的
④総務省が発表したSIMロック解除に関するガイドラインにより、ユーザーが希望すれば原則解除できるように義務付けた
⑤SIMロック解除された端末はキャリアの縛りなく、個人の好きな通信業者で利用できる

キャリアがSIMロックの制限をかけていると、私たちユーザーは同じ端末しか利用できず、少なからず不利益が生じます。

そのせいでキャリア間の競争も行われなかったため、大手キャリアとMVNOの競争を加速させて携帯電話料金を適正化させる目的で、SIMロック解除の義務化が始まったわけです。

SIMロック解除義務化によるメリットは?

SIMロック解除義務化は、以下の3種類の大手キャリアで2015年の5月から実施されました。

・docomo
・au
・Softbank

Softbankは当初強硬に解除義務化へと反対していたものの、今現在は総務省のガイドラインに沿って受け入れていますね。

このSIMロック解除義務化により、私たちにどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

・販売されているスマホやタブレットは特定のキャリアだけではなく、別の通信会社でも自由に使えるようになった
・SIMカードを自由に入れ替えることで、月額料金の安いMVNOと契約できる
・通信業界で価格の競争やサービスの充実化が促され、私たちはより良い通信会社を比較して選べる
・海外旅行や出張の際に現地で販売されているプリペイドSIMを挿入して安い料金で自分のスマホを使える
・SIMフリーにしておけば中古での売却価格が高くなる(不要になった際に売れば買取額が5,000円~10,000円程度アップする)

ユーザーが自由に通信会社間を乗り換えられるようになったのが最大のメリットです。

実は格安SIMは2009年頃から登場していたものの、当初はSIMロック解除が義務化されていなかったので、別の端末を購入しなければなりませんでした。

一方で今はMNPをしてもスマホやタブレットを買い替えずに済み、「お気に入りのiPhoneをそのまま使える!」ということで格安SIMが更に人気を伸ばしていますよ。

SIMロック解除義務化によるデメリットは?

SIMロック解除義務化により、私たちに及ぶデメリットについて気になる方は多いのではないでしょうか。

メリットが多い点は事実でも、次のように幾つかの注意点はあります。

・ユーザーを囲い込む目的でSIMロックを使えない大手キャリアは、端末の購入代金の割引を減らす恐れがある
・iPhoneやXperiaなどの端末が人気で、登場してから時間が経っても価格が下がりにくくなった
・別のSIMカードを挿したスマホで全ての機能を引き継いで使えるわけではない
・端末にはそれぞれ対応周波数があり、他の通信会社の周波数が対応していないケースもある

今まではSIMロックの制限がありましたので、docomoやauなど大手キャリアで「実質0円」「一括0円」といったスマホやタブレットを見掛けました。

SIMロック解除義務化による影響が全てではないものの、購入したスマホが他社でも使えるようになったからこそ次の弊害があります。

・お買い得キャンペーンが減った
・端末代金の割引額が減った
・ポイントが数年後に無駄になる
・購入サポートが受けられない

安価にサービスの乗り換えがしやすくなる代わりに、少なからずデメリットもあると心得ておかなければなりませんね。

SIMロックを解除する方法は?

2015年5月以降に発売された機種であれば、原則的にSIMロック解除の手続きができます。

SIMロック解除の方法は次の2つで、それぞれの特徴を見ていきましょう。

自分で行う⇒契約しているキャリアの公式サイトへとアクセスして手続きを行う
店頭で行う⇒契約や修理と同じように店頭へと足を運んで依頼する

SIMロックを解除しても大手キャリアのスマホを解約するのとは異なりますので、将来的に格安スマホへと乗り換える予定であれば早めに手続きをしておくのは選択肢の一つです。