Y!mobile(ワイモバイル)でiphoneを使う方法と料金プラン

ワイモバイルは大手キャリア並みに速度が速いにもかかわらず月額料金が安いことで人気です。

最近ではテレビCMなども積極的に放映し、知名度も高まっています。

そんなワイモバイルですが、SIMカードと一緒にiPhoneを購入することができる数少ない格安スマホでもあります。

セットで購入することで、普通に購入するよりもお得にiPhoneを購入できます。

今回はワイモバイルでiPhoneを使う方法や料金、注意点について解説します。

ワイモバイルでiPhoneを使う方法

ワイモバイルでiPhoneを使う方法としては以下の3つがあります。

ワイモバイルでiPhoneを使う方法
  • ワイモバイルでiPhoneをセット購入する
  • SIMフリー版のiPhoneを購入する
  • キャリアのiPhoneを使う

それぞれにメリット・デメリットがあります。順番に見ていきましょう。

ワイモバイルでiPhoneをセット購入する

ワイモバイルは格安スマホとしては珍しく、SIMカードとiPhoneのセット販売を取り扱っています。

現在ワイモバイルで販売されているiPhoneはiPhone SEとiPhone 6sです。

iPhone SE、6sともに最新のiPhoneと比べると少し古い端末です。しかし、性能は高いので今でも十分メイン端末として利用できます。

さらに、ワイモバイルではiPhoneをセット購入すると月額料金が24ヶ月間割引されるので、通常よりもお得に購入できます。

各端末の割引額は以下の通りです。

iPhone SEの割引額

ストレージ容量プラン割引額(月額、税込み)
ソフトバンクから乗り換えた場合新規契約・ドコモまたはauから乗り換えた場合
32GBプランS1,080円1,620円
プランM/L1,620円2,160円
128GBプランS1,296円1,836円
プランM/L1,836円2,376円

iPhone 6sの割引額

ストレージ容量プラン割引額(月額、税込み)
ソフトバンクから乗り換えた場合新規契約・ドコモまたはauから乗り換えた場合
32GB / 128GBプランS756円1,296円
プランM/L1,296円1,836円

割引額が端末やプラン、新規契約かMNPかなどで異なるため少し複雑ですが、割引を考慮するとSIMフリー版を購入するよりもお得です。

例えばiPhone SEの32GBをプランSの新規契約で購入する場合、端末代は65,340円ですが、1,620円×24ヶ月 = 38,880円の割引を受けられるので、実質26,460円で購入できます。

とにかく安く新しいiPhoneが欲しい人におすすめです。

SIMフリー版のiPhoneを購入する

ワイモバイルではSIMフリー版のiPhoneを利用することもできます。

ワイモバイル公式で動作確認がされているSIMフリー版iPhoneは以下の通りです。

動作確認がされているSIMフリー版iPhone
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone 5S

SIMフリー版iPhoneは端末を自由に選べるのがメリットです。

種類が豊富なので自分の好きな端末を使えますし、すでに他の格安SIMでSIMフリー版iPhoneを使っている場合もSIMカードを挿すだけで使えます。

ただし、SIMフリー版はアップルストアかオンラインストアで購入する必要があります。割引等がないため、端末代はワイモバイルで購入するより高いです。

キャリアのiPhoneを使う

ワイモバイルではドコモやauといったキャリア版のiPhoneを使うこともできます。

ワイモバイル公式で動作確認がされているキャリア版iPhoneは以下の通りです。

動作確認がされているキャリア版iPhone
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s/6s Plus

すでにキャリアでiPhoneを使っていた場合は別途端末を購入せずに乗り換えられるので楽です。

しかし、ワイモバイルでキャリアのiPhoneを使う場合はSIMロック解除が必要です。

ドコモ・auはもちろん、ソフトバンクのiPhoneもSIMロック解除が必要なので気を付けましょう。

ワイモバイルでiPhoneを使う際の料金プラン

ワイモバイルでiPhoneを使う際は「スマホプラン」を利用することになります。スマホプランの料金は以下の通りです。

プラン名データ通信量月額料金 ※1※2
プランS2GB/月1,980円
プランM6GB/月2,980円
プランL14GB/月4,980円

※1 スマホプラン割引適用時の値段
※2 ワンキュッパ割適用時の値段。1年後には+1,000円

スマホプランは容量に応じてS/M/Lの3種類があります。

どのプランにも標準で音声通話の10分かけ放題がセットになっており、1回10分までの通話なら何度でも無料です。

大手キャリアと比べてどれくらい安い?

ワイモバイルでiPhoneを使うと大手キャリアと比べてどれくらい安くなるのでしょうか。

例として、ドコモで2GBのデータSパックを利用する場合とワイモバイルのプランSを利用する場合とを比較してみましょう。

ドコモの場合、音声通話の5分かけ放題がついた「カケホーダイライト」が月額1,700円、2GBのデータ容量が利用できる「データSパック」が月額3,500円、接続サービス(SPモード)が月額300円なので、月額料金の合計は5,500円です。

一方のワイモバイルはデータ容量が2GBのプランSが1,980円で利用できます。ドコモより月額2,520円、1年間だと30,240円もお得です。

料金に関しては、ワイモバイルのほうが圧倒的にお得です。

ワイモバイルでiPhoneを使う際の注意点

セット購入できるiPhoneは型落ちモデルのみ

ワイモバイルで購入できるiPhoneはSEと6sの2つだけで、最新モデルであるiPhone 8やiPhone Xは購入できません。

SE・6sともに性能が高く、まだまだメイン端末としても十分使えますが、やはり最新のiPhoneには劣ります。

最新のiPhoneを使いたい場合はセット購入ではなくSIMフリー版もしくはキャリア版のiPhoneを利用しましょう。

キャリア版iPhoneではテザリングができない

ワイモバイルではセット販売されているiPhone以外にも、SIMフリー版とキャリア版のiPhoneを使うことができます。

その際に、テザリングを使いたい人は注意が必要です。

ワイモバイルで販売されているiPhoneは以前からテザリングができますし、SIMフリー版iPhoneについても、2017年8月以降はテザリングが可能になっています。

しかし、キャリア版のiPhoneではテザリングができません。

SIMロック解除をすればデータ通信や音声通話は利用できますが、テザリングはできません。

ワイモバイルでテザリングを利用したい場合は、ワイモバイル版もしくはSIMフリー版のiPhoneを使いましょう。

スマホプランには2年間の契約期間の縛りがある

ワイモバイルでiPhoneを使う際はスマホプランを契約することになりますが、スマホプランには2年間の契約期間が設定されており、申し出がない限りは自動で更新されます。大手キャリアの「2年縛り」と同じですね。

2年に一度の更新月以外に解約すると9,500円の違約金がかかるので、解約する場合はなるべく更新月に解約するようにしましょう。

なお、契約期間の縛りがないスマホベーシックプランもありますが、ベーシックプランは月額料金が高く、割引も受けられないためお得ではありません。

まとめ

ワイモバイルはSIMカードとiPhoneのセット販売を取り扱っている数少ない格安スマホです。

割引を受けられるので、別々に購入するよりも安く端末を購入できますし、月額料金も大手キャリアより安いです。

また、ワイモバイルではSIMフリーやキャリアのiPhoneも使えます。端末代をかけることなくワイモバイルに乗り換えられるので、すでにiPhoneを持っている人にもおすすめです。