SIMカードとは?カードの種類や購入方法

スマートフォンやタブレットを持っている方であれば、一度は「SIMカード」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

今回はSIMカードについて解説していきます。

スマホの中に入っているSIMカードとは?

SIMカードとは簡単に説明すると、スマホやタブレットの中に入っている小さなカードです。

docomoやau、SoftBankや格安スマホなど、キャリアに関わらず最初からスマホの中には入っています。

SIMカードがどのような役割を果たしているのか幾つか挙げてみました。

SIMカードの役割
  • スマホや携帯電話を使って通信するために必要となる
  • 固有のID番号が割り振られていて端末が誰のものなのか特定できる
  • 通話だけではなくインターネットを使う際にも欠かせない

スマホやタブレットの身分証明書と考えれば分かりやすいでしょう。

SIMカードが挿入されている端末を使うことにより、正常に通話やインターネットなどの通信サービスが利用できるわけですね。

SIMカードの種類とは?

SIMカードは、「subscriber identity module」「subscriber identification module」という頭文字を取って名付けられました。

一口にSIMカードと言っても次の3種類に大きく分けることができ、それぞれの特徴を見ていきましょう。

標準SIM(miniSIM)
  • 横幅が15㎜で縦幅が25㎜のサイズ
  • ガラケーやXperia PLAY SO-01Dで採用されている
  • 現在では低価格帯の格安スマホで使われている
マイクロSIM(micro SIM)
  • 横幅が12㎜で縦幅が15㎜と標準SIMよりも一回り小さい
  • iPhone4や数年前のAndroid端末で採用されている
  • 現在でも格安スマホのメインとなるSIMカードの一つ
ナノSIM(nano SIM)
  • 横幅が8.8㎜で縦幅が12.3㎜とSIMカードの中で最も小さい
  • iPhone5以降やXperiaシリーズのZ3以降で採用されている
  • 今後はナノSIMが主流になると考えられている

大きさに違いはあるものの、スマホや携帯電話を識別するために必要なカードという点では変わりありません。

しかし、大手キャリアから月々の料金が安い格安スマホへと乗り換えるに当たり、事前にSIMカードの種類を確認しておく必要があります。

格安SIMとSIMフリー端末がセットになったMVNOが販売するスマートフォンのことを格安スマホと呼び、次のようなメリットを得られることで現在では人気となりました。

・プランによっては1ヵ月当たり数千円以下と料金が非常に安い
・データ通信だけではなく音声通話もできる
・海外渡航時に現地のSIMカードを使える
・docomoやauのような大手キャリアとは違って2年縛りがない

SIMカードを差し替えれば今まで使っていたiPhoneも利用できますが、端末ごとにSIMカードのサイズが異なります。

「micro SIMを契約したが自分のスマホはnano SIM対応だった」といった失敗を防ぐためにも、使える種類なのかどうか忘れずにチェックしておいてください。

SIMカードの販売店は?購入方法は?

格安SIMが普及してからというもの、様々な販売店でSIMカードを購入できるようになりました。

SIMロック解除された端末やSIMフリー端末を持っていれば、SIMカードを差し替えるだけで格安スマホを提供しているMVNOを利用できますので簡単ですね。

以下ではSIMカードの購入方法をまとめていますので、一度確認しておきましょう。

SIMカードの購入方法
  • 格安SIMカードを提供しているMVNOの公式サイトへとアクセスしてインターネットで注文する
  • イオンやビックカメラなど、大手の家電量販店で店頭購入する(店頭で開通手続きまで済ませられるサービスもある)
  • 近くのコンビニへと出向く(MVNOによってはデータ容量が決められているプリペイドSIMを取り扱っている)

幾つかの販売店の中でも、SIMカードを取り扱っているMVNOの公式サイトへとアクセスして購入するのがおすすめです。

Web上で申し込みができますので、わざわざ実店舗へと足を運ぶ必要はありません。

・仕事が忙しくて実店舗へと出向くことができない
・家の近くに店頭販売している格安スマホのサービスがない
・面倒な手間なく大手キャリアから格安スマホに乗り換えたい

このように考えている方は毎月の料金や特典の内容で比較し、自分の使い道に合うMVNO事業者を探してみてください。

SIMカードのサイズが合わない時の対処法は?

SIMカードを購入して契約したのにも関わらず、サイズが合わなくて使えない時は契約先の会社でサイズ変更を申し込むのが正しい対処法です。

大手キャリアでも格安SIMでも一緒で、2,000円程度の手数料を支払えばSIMカードのサイズを変えられます。

nano SIM⇒micro SIMへと変更する場合はSIMアダプターで対応する方法もありますが、確実ではありません。

SIMカードが壊れて使えなくなるケースも十分にありますので、余計なトラブルを起こさないためにも契約先の会社へと問い合わせましょう。