格安スマホとは何?安くなる仕組みを徹底解説

近年の爆発的な普及により、私たちの生活にとって無くてはならない物となりつつあるのがスマートフォンとなります。

スマートフォンを使えばいつでもどこでも即座にインターネットに接続できるというメリットがある一方で、従来型の携帯電話と比べると利用料金の高さが目につきます。

利用料金が高いスマートフォンを安い金料金で利用できるサービスとして、最近多くのメディアで注目されているのが、格安スマホと呼ばれるサービスになります。

一体格安スマホとはどのようなサービスなのでしょうか。

 

格安スマホとは?

格安スマホとは、MVNOと呼ばれる業者が提供している格安SIMを利用して運用するスマートフォンの事を言います。

大手携帯キャリアと契約してスマートフォンを利用する場合には、最も安いプランでも月額6000円〜7000円程度の基本使用料がかかりますが、MVNOが提供するSIMカードを利用した場合、基本使用料が2000円以下で利用が可能となるのです。

 

ちなみSIMカードというのは、電話番号や契約者の個人情報などが記録されたICカードのことで、スマートフォンでインターネットや音声通話を行なうためにはこのカードが必要になります。

 

またMVNOというのは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略称であり、簡単に説明すると、自社でモバイル端末用のネットワーク用の通信設備を保有しておらず、他社からモバイル端末用の通信網を借りてサービスを提供している事業者のことを言います。

現在の日本ではNTTドコモから回線を借りてサービスを提供しているドコモ系MVNOとauから回線を借りてサービスを提供しているau系MVNOがありますが、殆どがドコモ系のMVNOとなっています。

 

格安スマホの仕組み

格安スマホサービスを提供しているMVNOでは大きく分けて2種類のタイプのSIMカードを取り扱っています。

1つがデータSIMと呼ばれる種別のSIMカードであり、このタイプのSIMはインターネット通信のみに対応していて、音声通話発信は対応していません。

IP電話アプリなどを導入することでデータSIMでも通話は可能となりますが、090や080の番号を利用しての音声通話には非対応となっていますし、IP電話アプリは110番などの緊急電話には対応していないので、データSIMは2台目としてつ使うスマホやタブレット、モバイルルーター等に使うのが適していると言えます。

 

MVNOが取り扱うもう一方のタイプのSIMカードが通話SIMと呼ばれるタイプのSIMカードであり、こちらは090や080の電話番号が付帯しているので、音声通話発信ができますし、殆どのMVNOでMNPに対応しています。

多くのMVNOでは、データSIMの月額基本使用料に700円をプラスした料金が通話SIMの月額基本使用料となっていて、通話料は別途従量制で発生する仕組みとなっています。

 

因みに各MVNOではNTTドコモかauの回線を借りてサービスの提供を行っているので、利用可能なエリアは、これらのキャリアの利用可能エリアに準じています。

月額基本使用料が安いからといって利用可能エリアが狭かったり、極端に通信品質が悪かったりすることは無いので安心して利用することができます。

 

なぜMVNOはなんで安いの?

 

理由その1〜設備投資に費用がかからない〜

MVNOが安い基本使用料でサービスを提供できている理由についてですが、1つ目の理由として自社でモバイル端末用の通信設備を持っていないことが挙げられます。

大手携帯キャリアは自社でモバイル端末用の通信設備を保有しているわけですが、通信の品質を良くしたり、日本中何処ででも利用できるようにと多額の費用をかけて電波塔を立てたり、通信設備の保守や点検を行っています。

一方でMVNOは通信設備借りてるので、通信設備への投資や保守・点検にかかる費用がかからないため、その分の費用をユーザーに還元しているというわけなのです。

もちろん回線を借りているNTTドコモやauに回線のレンタル料金を支払う必要がありますが、通信設備にかかる費用に比べればレンタル費用の方が安くなっているのです。

 

・理由その2〜基本的に端末代金の値引きがない〜

大手キャリアでは契約と同時に端末を購入する場合、端末代金の一定額が通信費用と相殺できる仕組みとなっているので、契約者は僅かな負担額、若しくは実質的には0円で端末を手に入れることができます。

一方で格安スマホの場合は、端末は自分で用意のが基本となります。最近では自社の格安SIMとSIMフリースマホをセットで販売しているMVNOも多くなっていますが、基本的に端末の割引などはなく、契約者は全額自己負担で端末を購入することとなります。

MVNOでは端末の購入補助などが殆ど無い分、基本使用料が安くなっているのです。

 

・理由その3〜通話料が従量制〜

大手キャリアのスマホプランの場合は、基本使用料の中に無料通話分が含まれていますが、格安スマホの基本使用料には基本的には無料通話分が含まれていません。

格安スマホの通話料の相場は30秒あたり20円となっているので、毎月長時間通話をする人の場合は格安スマホに変えることによって、かえって利用料金が高くなってしまうことも考えられるのです。

最近ではオプションとして通話定額制プランの取扱いをするMVNOも増えてきたので、通話料を気にせず格安スマホで通話をしたい人は、通話定額オプションのあるMVNOを選ぶと良いでしょう。

 

 

格安スマホは大手キャリアのスマホと比べて基本使用料が遥かに安いですし、自動更新のある契約プランとなっていないので、フレキシブルかつお得にスマホの利用ができます。

しかし一方で、端末の購入補助が殆ど無かったり、基本使用料に無料通話分が含まれていなかったりするので、格安スマホへ乗り換える場合にはメリットとデメリットをよく理解したうえで、自分のライフスタイルに合った適切なプラン選択をしたいですね。