格安スマホ・simで最安値のプランはどれ?【データSIM&通話SIM】

最近では多くの業者が格安SIM・格安スマホサービスに参入しており、どのMVNOも非常に安い基本使用料でサービスの提供を行っています。

数多くのMVNOが競うようにサービスの拡大や基本使用料金の値下げを行っていますが、業界最安水準でサービスを提供しているMVNOは一体どこなのでしょうか。

データSIM、通話SIMでそれぞれ最安水準でサービスを提供しているMVNOとプランについて紹介していきたいと思います。

 

データSIMが最安水準で利用できるMVNOについて

現在提供されているデータSIMサービスの中で最も安いプランを提供しているMVNOはSo-netモバイルサービスとなります。

So-netモバイルサービスの0SIMというサービスは、基本使用料が0円のサービスとなっており、毎月のデータ通信量が500MBまでであればユニバーサルサービス料も含めて全くの無料でサービスの利用が可能となっています。

なお0SIMは通信量が500MBまでであれば無料ですが、500MBを超過した分については100MBにつき100円ずつ料金が発生します。

なお料金については通信量が2GBに到達した時点で1600円になるのですが、この時点で打ち止めとなり、これ以上料金は上がらないまま引き続き5GBまで高速通信を行なうことができます。

なお5GBの通信量を超えると通信速度に制限がかかることとなります。

あまりデータ通信をしないという人にとってはピッタリのサービスだといえるでしょう。

 

一方、0SIMのような変動制の料金体系ではなく、固定制の料金体系で最も安いプランを提供しているのがDMMmobileとなります。

DMMmobileの「データSIMプランライト」は高速通信には非対応で、最大200kbpsの低層く通信が使い放題のプラン内容となっており、毎月の基本使用料は440円となっています。

低速通信でも構わないという人や、通信量を気にしないでデータ通信をしたいという場合には、こちらのプランが良いでしょう。

 

通話SIMを業界最安水準で利用できるMVNOについて

通話SIMを最も安い料金で提供しているMVNOはデータSIM同様、So-netモバイルサービスであり、0SIMとなっています。

0SIMの通話SIMは月額700円から利用可能で、データSIMと同様毎月の通信量が500MBまでであればパケット通信料は無料となっています。

変動制の料金体系や、パケット通信料の上がり具合もデータSIMと全く同じで、通話SIMは場合は料金幅が月額700円から2300円となっています。この料金に通話料金を合わせた料金が毎月の支払料金となり、音声通話発信を行わず、1ヶ月あたりのデータ通信量がを500MBまでに抑えることができれば、月額700円での運用が可能です。

変動制の料金体系ではなく、固定制の料金体系をとっている通話SIMの中で最も安いプランを取り扱っているのも、データSIM同様、DMMmobileであり、「通話SIMプランライト」となっています。

通話SIMプランライトは、月額基本使用料が1140円であり、内容としてはDMMmobileの「データSIMプランライト」にプラス700円で音声通話機能をつけたものとなっています。

このプランも高速通信はできませんが、パケット料金が定額制となっているので、安心してデータ通信ができるという強みがあるので、通信量を気にせず使いたい人には一押しとなります。

 

 

データSIMの場合でも通話SIMの場合でも最も安いプラン提供をしているのはSo-netモバイルサービスであり、上手に利用できれば0SIMが最も安い格安SIMとなります。

しかし0SIMは利用したデータ通信量に応じて料金が変わる変動制の料金体系なので、安い料金で利用するためには使用したデータ通信量の管理をすることが重要となります。

データ通信量の管理が面倒という人の場合は、パケット料金が固定制であるDMMmobileのデータSIMプランライト、通話SIMプランライトを使うと良いでしょう。