格安スマホの料金って実際どれくらい節約出来るの?

格安スマホは大手キャリアと比較して、毎月の料金支払いが圧倒的に安くなるということで有名ですが、実際には毎月の支払料金がどのようになるのかについては、実際に使ってみなければわからないでしょうし、具体的な支払料金がわからないことで、格安スマホへの乗り換えを躊躇している人も少なからずいることでしょう。

筆者は現在So-netモバイルサービスの0SIMという格安SIMを利用しており、これをiPhone5Sにさして格安スマホとして利用しています。筆者が契約しているプランや毎月どれ蔵の料金を支払っているのか、また以前契約していたプランと比較してどの程度安くなったのかなどについて紹介していきたいと思います。

 

以前契約していたプランについて

筆者が以前契約したいたキャリアはNTTdocomoで、機種変更の特典で端末代金は実質無料でiPhone5Sを利用していました。

契約していたプランは、基本プランがカケホーダイプランで、それにspモードとデータSパックというパケット定額サービスに加入をしていました。

その他のオプションなどには加入をしておらず、毎月の支払料金については毎月一定でおよそ7000円の支払いとなっていました。

なお、iPhone5Sの端末代金の支払いが終わった後も特に料金の変動はありませんでした。

 

乗り換え後のプランについて

私が乗り換え先として選んだのは、So-netモバイルサービスの0SIMという格安SIMになります。この格安SIMは毎月の高速データ通信量が500MBまでならデータ通信量がかからないという画期的な格安SIMで、この格安SIMのデータ+音声プランを契約しました。

このプランの最低利用料金は月額700円からであり、この基本料金の700円に、音声通話料金と500MBを超過した部分のデータ通信を合わせた料金が毎月の支払料金となります。

なおスマートフォン端末については、docomoのiPhone5Sがそのまま使えるということだったので流用しました。

 

0SIMの実際の支払料金について

実際に筆者が0SIMを利用していて、毎月支払っている料金ですが、平均して1300円程度となっています。
料金の内訳ですが、基本料金が700円で、毎月のパケット代の平均額が500円〜600円、通話料金の平均額が100円前後となっています。

パケット通信費については、筆者の場合、Wi-Fi環境が利用できる場所にいることが多いので、基本的にはWi-Fi接続をしてパケット料金を無理なく節約できています。

パケット料金が全くの無料となる500MB以内に収まることは殆どありませんが、概ね1GB以内に収まっているのでパケット料金は50円以内の収まることが多くなっています。

通話料金については、家族や親しい友人とのやり取りはLINEのメッセージや無料通話を利用しているので、基本的に費用はかかっていません。

LINEに登録されていない人のやり取りで音声通話を利用しますが、1ヶ月あたりの通話時間は5分に満たないことが殆どですし、音声通話発信をする際には楽天でんわという通話料が半額にあるアプリを使っているので、通話料は1分あたりおよそ20円となっています。1分あたり20円の通話を1ヶ月に約5分行っているので、通話料はおおよそ100円となっているのです。

筆者の場合は、音声通話を殆ど利用しないということと、基本的にはWi-Fi環境が利用できる場所にいるということで、かなりの低料金でiPhone5Sを利用することができています。

NTTdocomoと契約していたときと比べて、平均して1ヶ月あたり5700円利用料金が安くなったので、絶大な節約効果が得られたと自負しています。

 

格安スマホは自分のライフスタイルをよく理解し、ライフスタイルにあったプランを契約することで、無理なく大幅なスマートフォン料金の節約が期待できます。

実際に筆者は格安スマホに乗り換えたことによって、毎月の支払料金をおよそ5分の1以下まで節約することができました。

格安スマホを上手に使いこなして、通信費の節約に努めたいですね。