格安スマホの契約にクレジットカードは不要?無しでもOKなmvnoも

格安スマホは、大手キャリアのプランと比較して圧倒的低価格でスマホサービスが利用できるというメリットがあるという一方で、契約は原則としてインターネット経由で行うこととなりますし、契約の際に必要となるものや、毎月の利用料の支払い方法についても大手キャリアとは異なります。

格安スマホの契約の際には、殆どのMVNOでクレジットカードが必要となります。なぜクレジットカードが必要なのかということや、クレジットカード無しで契約できるMVNOが無いのか等について解説を行います。

 

格安スマホの契約方法について

格安スマホを契約する場合、殆どのMVNOは大手キャリアのように実店舗を展開していませんし、展開していたとしても限定的となっています。

そのため、格安スマホを契約する場合にはインターネットで手続きを行なうのが基本となります。

ここにMVNOの多くが支払い方法として、クレジットカード払いしか認めていない、秘密が隠されています。

 

大手キャリアの場合は、実店舗で契約をするので、契約の際にしっかりと本人確認ができるのに対し、MVNOの用にインターネット経由で契約をする場合にはリスク回避のためにより慎重に本人確認を行う必要があり、それがクレジットカード支払いに繋がるのです。クレジットカードは信用度が高くなければ持つことができませんし、クレジットカード支払いに本人認証の意味合いを持たせることができるので、より厳重に本人確認ができるという意味があるのです。

また万が一利用者の料金支払いが滞ってしまった場合でも、クレジットカード払いなら、MVNOにリスクは殆ど無いので、リスク回避という大きなメリットがあることも多くな要因の一つとなっています。

殆どのMVNOではインターネットで契約申し込みをする際に、クレジットカード情報を入力することとなります。

申込の際に同時に決済方法の確認ができるので、申込からすぐに利用が可能になるという、利用者に対してのメリットもあるので、特に問題がなければ、格安スマホを契約する際には原則としてクレジットカードで支払うようにするのが良いでしょう。

 

クレジットカードなしで契約できるMVNOについて

先に説明した理由から、格安スマホの料金支払いはクレジットカードで行なうのが基本ですが、中にはクレジットカードを持っていないという人もいるでしょうし、家計管理やセキュリティ上の問題からクレジットカード決済をしたくないという考えを持つ人もいることでしょう。

クレジットカード無しで格安スマホの契約をすることはできるのでしょうか。

結論から申し上げますと、クレジットカードなしでも契約可能なMVNOはあります。クレジットカード以外の支払い方法として認められている代表的なものが、口座振替とデビットカード支払いになります。

一般的に馴染み深く、最も簡単な決済方法が口座振替となります。

 

口座振替に対応しているMVNOの代表的なものが、OCNモバイルとBIGLOBE SIMになります。この2つのMVNOはどちらも大手企業なので安心感がありますし、追加料金無しで公衆無線LANサービスが使える特典などもあるので、多くの人におすすめができるMVNOとなっています。

ただし、口座振替で契約する場合には、通常のクレジットカード支払いによる手続きよりも契約に時間がかかってしまうので、急いで契約したいという場合には注意が必要です。

 

一方で預金口座と結びついていて、利用した場合には即時預金口座から代金の引き落としがされるデビットカードは、楽天モバイルmineoUQmobileなどで利用可能となっています。

デビットカードは審査なしで発行してもらうことができますし、クレジットカードと同じような感覚で使うことができ、料金決済も即時なので、家計の管理がしやすいカードとなっています。

 

 

格安スマホを契約する場合には基本的にはクレジットカードが必要となりますが、デビットカードや口座振替による支払いに対応しているMVNOもあります。

クレジットカードを使いたくない、若しくは持っていないという人は、クレジットカード払い以外の決済方法に対応したMVNOを選ぶと良いでしょう。